「魔法使いの嫁」第18話

Forgive and forget.

エリアス。めんどくさい子!]

続きを読む »

タグ : 魔法使いの嫁

2018/02/17 14:38 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「宇宙よりも遠い場所」第7話

【宇宙を見る船】

どこから来て、どこへ行くのか?

続きを読む »

タグ : 宇宙よりも遠い場所

2018/02/16 21:41 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第6話

どこかの星空の下で

「さみしい」を知って、旅立つ勇気を得る

続きを読む »

タグ : ヴァイオレット・エヴァーガーデン

2018/02/16 21:29 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

True Thrash Fest 2018

実はこの3連休、江坂MUSE HALLで開催の「True Thrash Fest 2018」(以下、TTF)を観に行っていたのであります!


記念すべき10回目の開催に辺り、今回は3DAYSに規模を拡大。その中でもTANKARD19年ぶりの来日は今回の目玉であると言えましょう!


19年前、目黒ライヴステーションで見たTANKARDを今でも思い出します。あれは私が観た中でも一番楽しいライヴだったんじゃないかと思うほど、カオスとビールにまみれた一夜だったことを記憶しております()だから今回も絶対楽しくなる!そんな確信でもって大阪へ向かう決意をした次第。


しかし来日するのはそれだけではないと来ているではありませんか。RAZORSACRIFICEのカナダ組、そしてHIRAXBLOOD FEASTAT WARが大挙してやってくるというスラッシュ三昧!これは観に行かなければ~!


というわけで、当初は2日目、3日目だけ行く予定を急きょ変更。当日券を求めて主催の松尾氏が経営するメタル専門店ROCK STAKKへ向かい、23日目の予約分と合わせて精算してしまいました。というわけで結局、全日行ってしまったという次第。これなら最初から通し券でおkだった!


ほんとはいつものようにライヴレポートと行きたいところですが、あまりに数が多く、そしてあまりに疲弊とカオスで記憶が半分抜け落ちているので()覚えている限りひと言づつご紹介して行きたいと思います!


<DAY1>

この日のトップはABIGAIL先輩でした!ホテルのチェックインがあったので少し遅れましたが、ほぼオンタイム!スラッシュ番長たる貫禄のステージは今回のイベントに相応しい幕開けとなりました!


次はHYDROPHOBIA!観るのは久しぶりwゴア系ですがブラスト全開のブルータルさはスラッシャーの心もがっちり掴んでおりました!途中、マイクが下がり過ぎて歌えなくなってたのがおかしかったw


次はEXCUSE!こちらはヘルシンキのバンドでしたでしょうかね。すいません。最近のバンド良く分かってませんw溌剌としたプレイ!スラッシーだけど北欧らしい透明感があるのが特徴でしょうか。スラッシュの種がこういうバンドの中に根付いているのが分かります!


次は今回のイベントの共同主催を務めるRIVERGE!地元大阪が誇る生粋のライヴバンドと言ったところでしょうか。客の煽り、ステージの使い方の上手さ!人気のほどが伺えるパフォーマンスでした!


そしてここからは海外勢の登場。先ずはBLOOD FEASTから!今回のために各バンド予習して来たんですけど(すいません。スラッシュ好きと言っておきながら実はあまり知らないw)正直なところBLOOD FEASTは「Kill For Pleasure」くらいしか分かりません()だけどこの辺りのバンドってそれくらいの認識で

いいじゃない!そしてその「Kill For~」でひと暴れ。私もだいぶイイ感じに出来上がって来ましたw


そして次は、今回個人的にはTANKARDに次ぐお目当であったSACRIFICEが登場!もうちょっとこれはヤバイ・・・。特に3rdが好きで「In Dafiance」が始まった瞬間、我を忘れてモッシュピットに飛び出して行きました。いやむしろ自分からサークルを作りに行きました()最後に「Re-Animator」をやってくれてたのが最高でした!もちろん1stからも「Homicidal Breath」とかやってくれて、こういう渋いじくじく系のナンバーで緩急をつけたステージは実にドラマチックでした!


そして初日のトリはカナダからのスラッシュ、RAZOR!こちらも最高でした!「Take This Torch」や「Speed Merchants」などの名曲はもちろん、「お前らShotgun Justiceアルバムは好きか!?」みたいな煽り()もちろんスラッシャーなら嫌いなわけなじゃん!そして「Parricide」かなんかやったんだよね?すいません、もう記憶がw個人的には「Violent Restitution」が堪らんかったです!最後は大勢の観客をステージにあげて「Evil Invaders」の大合唱!なんだこれ!?すごいわ、すご過ぎるわ!!

そんなこんなで初日のラストは激烈スピードで過ぎて行ったのでしたw


<DAY2>

トップはFASTKILLABIGAIL先輩が番長ならこちらは若大将って感じでしょうか()そんな彼らも今や日本を代表するスラッシュ選手ですね!いつまでも若々しさを失わない演奏は切れ味バツグンでした!久しぶりに観られて良かったです(そんなのばっかw


次はROSEROSE!さすがはベテランらしい余裕のあるステージ!パンキッシュなハードコアサウンドと言った感じで、2日目の良いアクセントになっていたと思います!いぶし銀っす!


そして今回2度目の登場となるEXCUSE!最新のバンドらしい洗練されたテクニック。ただ彼らの場合、自分のライヴが終わった後はただのファンと化していて、モッシュからダイブからガンガン跳ね回る姿が()お主ら、相当スラッシュ好きと見たw


こちらも2回目の登場RIVERGE!なんとこの日はフロアで演奏。正に観客と入り乱れての南米スタイル!バンドと目線が同じところにあるって熱い!とここで気が付いてしまったワタクシ。あれ?FASTKILLのカズ君がドラム叩いてる!?すいません、初日は気づきませんでしたwなるほど、そういうことだったのね!


そして2日目の後半戦、先ずはAT WAR!このバンドも正直なところ予習不足で曲とか「Ordered To Kill」くらいで全く分からない状態だったのですが、なんか妙に楽しいライヴでした()最後は「At WAR!」の大合唱でエンディング!バンド名知ってれば誰でも歌える曲って強い!(こらw)で、結局「Ordered To Kill」はやらなかったけど、なんかすごい盛り上がったのでよし!


そして2回目のSACRIFICE1曲目から「Hiroshima」をやったあと、早くも「In Dafiance」がさく裂!もうこれだけで悶絶。後はもうカッコ良すぎてもうよく分かりません。一緒に観てたフジシマ君も汗だくwそして私はダイバーとバッティングして流血()幸い?液体絆創膏というので塗って固めて応急処置。なんとかなった、かな?で、ホテルに戻ってからTwitterに「SACRIFICEマジ好き!」って書いたら早速SACRIFICERob Urbinatiからリツーイトがっ!?え。オレこれなにか返した方がいいの?どうやったらいいのかよく分かんなくて何にもしてないよ~!時代について行けてない自分に衝撃を受けています。


そしてBLOOD FEAST2回目の登場!もうほんと覚えてなくてすんません()でもこの日のBLOOD FEASTも楽しかった!思わずTシャツ2種類買っちゃったw


そして2日目のトリは遂に登場HIRAX!今やTTF常連と言った感じの彼ら。とは言え、私は初見ですが。このバンドを最も特徴たらしめているのは黒人ボーカリストのKaton W. de Penaの存在!もうね、すごいです。表情豊かな表情と言いますか、ものすごいパワフルでしかもフレンドリーな感じwクラウドサーファーをステージに引き上げたり、ステージダイヴしに上がって来たファンにマイクを向けてみたり。しかも背後にいるファンに振り返りもせず肩越しにコーラスを歌わせるとか()これどこかで打ち合わせして来たの!?ってノリw何もかもが「ロックスター」って感じでした!曲も全部知っているわけじゃないけれど、キャッチ―なメロディはメタル好きなら誰でも気に入る明朗さがあります。いやすごいわ。めっちゃくちゃエンターテインメントしていたステージは爽快なカタルシスがありました!


<DAY3>

そしていよいよ最終日!トップはRIVERGE!もう3日目のはずだけど全くテンションが落ちず!並外れた勢いで圧倒してくれました!


続いてはTTFとしては初のビジュアル系バンドとなるROSENFELDが登場!意外な組み合わせとも言えますが、ビジュアル系の中ではスラッシーな曲をやるバンドとして定評があるようです。すいません。名前はもちろん知っていましたが、今まで見たことありませんでした。音だけならビジュアル系だなんてわからないくらい速い!正直、マジでカッコよかったです!お客さんのノリも良かったのですが、いつもと全く違うファン層の前で演奏することになったバンド本人たちが何より楽しんでいる雰囲気に思わず和んでしまうものがありました()


そして次は日本のSABBATが登場!すいません。実は初めて観たかも知れない。SM的なファッションに身を包んだベースボーカル氏が正にイーヴル!奏でられる音はどこまでもカルト!呪術的な音色はかつて人間と魔物が一緒に暮らし、そして魔法が本当にあった時代を思わせる異空間を演出していたように感じるほど。もう大好きです!日本のサタニックの原典を正にここに見た気がしました!


そして次から海外勢!2回目となるAT WAR2回目もやっぱり楽しいですねwドラムが70年代ロックっぽいスタイルなんですよね。見た目はゴツいニール・パートみたいなドラム氏()が繰り出すのはクラシックロックぽい豪快なパッセージ。クロススティッキングも駆使してマックス・ローチなどジャズからの影響も感じさせる。これがドラマー的にはツボに入りました()突撃スラッシュの裏でさり気なく職人芸を見せてくれる辺りが渋いです!


そして2度目の登場HIRAX!実は初日にROCK STAKKへ立ち寄った際、黒人ボーカリストのKaton W. de Penaがちょうど来店したのです。そこにいたお客さんみんな「おお!?」みたいになって、みんと握手!もちろん私もwアフリカンアメリカンって感じの気さくなリアクションが粋ですな!ライヴはこの日も盛り上がりました!最後はKatonがスピーカーの台に乗ったところ、バランスを崩したために、後はもう観客にダイブするしかないって状況になって飛び込んで来ました。もちろんこれを受け止めないスラッシャーはいない!本人はちょっと苦笑いしてましたが、ファン的にはむしろご褒美でしたw


そしてこちらも最終日に再び登場のRAZOR1曲目が1stの「Killer Instinct」でしたよね?たぶん!NWOBHMの流れを汲むこの楽曲、逆に燃えるんですよね!RAZORは初期とその後でちょっと毛色が変わるのですが、それが良いコントラストになってるような気がします。最後はやっぱり「Evil Invaders」で大合唱!何回見てもこの光景すごいなぁw


さあTTF最後を飾るのは遂に19年の歳月を破って再来日を果たしたTANKARDの登場!1曲目は最新作から「One Foot in the Grave」続く2曲目で早くも「Morning After」がさく裂!もうね、TANKARDの中で一番好きな曲なのです。TANKARDを最初に知った思い出の曲と言ってもいいかも知れない。「NOISE」レーベルのビデオクリップ集に収録されていたのがこの曲だったのです。ですから最初のリフが始まった瞬間、涙が出て来ました。19年前の思い出が蘇るとでも言いましょうか!またこの曲が聴きたくてここへ来た甲斐があったってもんです!


後はもうお馴染みの、って過去に1回しか見てないんだけどねw強烈なインパクトでとっくにイメージが出来上がってます()


TANKARDってスラッシュでありながらみんなで歌えるようなシンガロングの曲が多いんですよね。だから歌って踊ってモッシュしてwTANKARDなら「こうなるでしょ!」っていうそのまんまの光景がそこに広がっていたのでした。


ライヴの最中もずっとビール飲みっぱなし。1曲につき1本空ける感じとか、ちょっと飲み方おかしいんじゃない!?と思わなくもないようなw


そしてボーカルのゲレはお姉ちゃんが大好きらしく、客席にいるお姉ちゃんにばっかりちょっかい出してました()手にキスしたり、ステージに上がって来たメタル女子とダンスを踊ったりw途中ベースの人が曲進行を間違えてましたが、まあそんなのは気にしないことにしましょう!


最後はお馴染みの「Empty Tankard」で締めくくり!ガーって疾走した後は、シャッフルのリズムで盆踊り状態に()これぞ酒飲みバンド、そして酒飲みスラッシャーたちの饗宴。何度も繰り返される「アリガトー!」と「カンパーイ!」の言葉。そこにはもう感動の想いしかありませんでした!


TANKARDありがとう!そして再来日を実現させてくれた松尾”MIKI”幹稔氏に盛大な感謝を!


そんなこんな最初から最後まで堪能したTTFでございましたが、10回目にしてこの規模このメンツということで、ある予感はあったのですよね。それが案の定、松尾氏の最後のあいさつでほのめかされる?ことに。


「辞めはしないけど、来年はちょっとお休みもらおうかなと」


やっぱそう来ましたかと。あり得ない話ではないと思っていたのです。個人でこれだけのメンツを揃えるなんて並大抵のことではない。もしかしたらここで一区切りということは充分にあり得ると思い、だからこそこれは見逃したらいかんなと感じて全て見届けるために大阪へ向かったということがあったのです。


でも「やっぱやろうかな?」とかも言っていたので、もしかしたら来年も引き続きやるかも知れないし、共同開催のRIVERGE氏が「来年もやる!」って言ってくれたので()規模は今回ほどでないにしろ、来年開催の可能性は充分あるかも知れませんw


本当に素晴らしいフェスティバルでした。運営も実に手際がよくストレスなく観覧できました。スタッフの方々の温かいサポートがとても素晴らしかったです!


みんなで作って行くフェスティバル。正にそれを体現していたように思います!


来年もあるならまた是非行きたいですね。それを期待して待つとしましょう!


TTF最高!どうもありがとう!


P_20180213_151400_vHDR_On.jpg 

@ちぇっそ@

2018/02/13 18:02 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「ゆるキャン△」第6話

【お肉と紅葉と謎の湖】

今日は肉の日!(29日ですっ

続きを読む »

タグ : ゆるキャン△

2018/02/09 21:41 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

FC2 Blog Ranking