FC2ブログ

「デカダンス」第2話

sprokcet

「死」こそ娯楽!?


トップランカーであったカブラギは後輩にせがまれ「リミッター解除」のやり方を教えてしまう。そこから始まる悲劇・・・

「本物の刺(死)激を味わおう!」

それがこの「ゲーム」の趣旨であるようです。

いわゆるヴァーチャル世界・・・もとい。リアルがバーチャルでバーチャルがリアルなのです・・・

って言い方がややこしいなっ

どうやらこのゲームの舞台こそがリアルであり、そこで「生身」のアバターを駆使して戦うのが企業の所有物である「AI」のような者たちであると。

もしかしたらここが人工知能が世界を乗っ取ったあとの世界だとしたら正に「デカダンス

人類にとって最悪の結末を向かえた社会であると言えるでしょう。

しかし悲劇はそれだけに収まらず、人工知能(?)たちが自分たちの身体を操ってデスゲームを繰り返すのだから「地獄」以外どのような形容詞を当てはめることが出来るでしょうか。

しかもアバターはパーツを取り換えてオリジナルを作れると言うのだから・・・、それって人体改造ありありってことじゃ!?

深読みすると末恐ろしくなったわ!

本物の「死」を知らない彼ら。リミッター解除なる禁忌を犯してまでランクを上げようとする。

それはいつしか快感へと発展し・・・

ランカーと呼ばれる彼らは企業の奴隷であり、その姿はある意味で現代のサラリーマンを模しているようでもあり。

リミッター解除という企業倫理を犯したとき、司法取引と言う形で社畜となる。

世知辛いのは人間も機械も同じだって!?

そんな中でこの世の完全なる「バグ」であるナツメと出会ったカブラギ。

彼女は何か変えてくれるのだろうか?

そんな希望が芽生えているように見えます。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : デカダンス

2020/07/16 20:41 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking