FC2ブログ

「デカダンス」第1話

ignition

舟の上にも5


未知の生物「ガドル」との戦いに明け暮れる人類。生き延びた人々は「デカダンス」と呼ばれる移動要塞で暮らし、今なおガドルの恐怖と対峙を余儀なくされている。

新進気鋭のアニメーションスタジオNUTが送り出すオリジナル作品。

設定的にはクリストファー・プリーストの長編「逆転世界」のような移動都市を擁しながら、その世界観は「進撃の巨人」以降の作品と言った様相か。

これに「砂上の子らはクジラに歌う」あるいは「甲鉄城のカバネリ」なんかも加えて良いのかも。

つまりは黄昏の人類であったりディストピア的な世紀末感が支配する物語であると言えましょう。

兵士の試験を失格して船乗り見習いになった少女(いや酒飲んでたなあ?)が主人公。

コワモテの親方となんとか親睦を図ろうとするのですが・・・

面白いのがこの「デカダンス」と呼ばれる移動要塞が変形すること。この巨大ロボ感はマクロスにも通じるものがあるでしょうか。

てっきり波動砲みたいなビームを出すのかと思ったら、ちょーつえーパンチで敵をぶん殴るというアナログ志向にお口あんぐりしてしまった(褒め言葉

どこかで見たような設定が多いけれど期待値を込めてこれからの展開に期待(ポエムかっ



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : デカダンス

2020/07/09 21:21 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking