FC2ブログ

「LISTENERS リスナーズ」第3話

ユー・メイド・ミー・リアライズ

技は叫んでから放つ!


ノイバウテン三姉妹に襲われたエコヲとミュウ。そこへ助けに入ったのはトレモロ技研のビリン・ヴァレンタイン。しかし彼女はミュウを助けたんんじゃない「拘束したのよ」と言うんだけど、なんで!?

トレモロ技研。

エフェクターですな。エンドロールの協賛を見ればMarshallとかが参加してますから、楽器用語が満載なのだ!

かつて開催したフェスの失敗で故郷を失ったというビリン。その原因を作ったのがかつてのスタープレイヤーであるジミストーンフリーだったとか。

どうやら彼が持っていたパーツと同じものをミュウが持っていたことから、ビリンが彼女を拘束することになったと。

でもビリンは必ずしもジミストーンフリーに恨みを抱いているわけではない様子。

あの時できなかったこと。「ミミナシ」を駆逐するために活動している。

見据えているのは未来。だからミュウに協力を仰ぐ目的があったと言うか、かつての夢を託す!そんな気持ちがあるのかも知れませんな。

でもまだ力をコントロールできないミュウのために特訓開始!

ビリンは相棒のケヴィンさんとコンビを組み、これを迎え撃つミュウとエコヲ。

「トップ・ブースト!」

あのとき出した熱い光線。出せなくなっていたのは「イメージ」が曖昧だったから。

ならば!

「名前を付ければいいじゃん!」

エコヲのアイデアでホントに出たw

ビリンの助言で数多のプレイヤーたちとの接触を試みることになったミュウとエコヲ。

新たな冒険の始まり!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : LISTENERSリスナーズ

2020/04/18 11:01 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking