FC2ブログ

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」第12話 最終回

転生のタンザナイト

お前となら愛してナイト!


正義の前に現れたクズ親父!

DVとかが原因で離婚した実父が息子の前に現る!

ほんっとこのオヤジクズですね。自分がクズだって自覚がない。いや自覚はあるけど甲斐性がない。自分がクズだってわかってて息子をたぶらかそうとする確信犯!

コイツは刺されてもしょうがない。ただ刺さなかった正義だけだは立派。

しかし踏ん張り切れずにクズ父親を刺してしまったのは前期放送していてた「星合いの空」の主人公でありました。

明暗を分けたこの二作品。何か似ているところがあるのか?と問われば別にそんなことはありませんでしたが・・・

<総評>

たまたまラストへ至る流れが酷似していたので個人的にザワザワしてしまっただけですがw

最後は義理のお義父さんが血がつながってるだけでクズな実父にガッツリ言ってくれたお陰ですっきりしたわけですが。

生みの親より育ての親とはよく言ったものですが、三つ子の魂百までと言うことわざもあるように実際のところどちらが正しいか分かりません。

ただその時その時で正しいと思ったことを信じるしかないのですよね。

いつか本能が理性を凌駕することになったとしても、自分のお手本になるような人物がいたらその時はそれを模倣するのも良いかも知れない。

正しいか間違っているかは分からなくとも、何か自分にとってひとつの指針となるものを示してくれる存在は大きな意義をもたらしてくれると思うのですよね。

そう言った意味で正義にとって自分の道を正してくれるリチャードの存在は更に頼りになっていると言いますか。

色々とまあBLっぽい発言が多かっ二人のやり取りですが、個人的には実に眼福であったというお話で(結局BL脳かっ

とっても爽やかなお話でございました!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 宝石商リチャード氏の謎鑑定

2020/03/27 21:56 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking