FC2ブログ

「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」第3話

SNIPED 滝の世界

この違和感


爆破テロが発生。犯人の深層意識にあったのは・・・

テロリストの「イド」へと潜りこんだ名探偵・酒井戸。例によって「カエルちゃん」が死んでいたのだけれど、彼女の死に方に違和感を覚えたお陰で犯人を見つけることが出来たのでした。

つい先日も自殺の現場をSNSにアップして炎上していた案件がありましたが、今回の話でも爆破テロの様子をスマホで撮影する人々の姿がピックアップされていました。

ある意味、現代の闇と言える部分でしょうが、この野次馬根性こそが人間の本質と言えばそうなのかも知れませんね。

何にでも興味を持つ事、例えそれが人の不幸であっても・・・

もしかしたらこの行動は危険を察知し、それを皆に伝えることで種を保存しようとする生存本能の一環だと考えたら「無し」ではないのかも知れない。

ただまあ倫理的にどうなのかという点。しかしその倫理とて「たかが人間ごとき」が編み出したどこまで意味があるのか分からない価値観と言ってしまえばそれまでであり・・・

テロリストはこう言った人間が許せないと嘯きますが、実際のところはただ「地獄」が見たかっただけだったと言う。

戦場カメラマンとして活動していた犯人。そこに広がる光景にある種の畏怖を抱いていたようで・・・

おまえの美的感覚の為に大勢が死ぬのかよ!とはた迷惑な話であったというお話。

しかしながらここまで狂っているテロリストよりも更に・・・!酒井戸の中の人、リアルでの鳴瓢秋人が抱く心の闇が更に深く狂っていたのが印象的でした。

家族を守れなかった後悔。頭を離れないその念こそがカエルちゃんのアバターとなって酒井戸の前にいつも現れるのだと分かったのですね。

とまあ今回気になったのが、酒井戸こと鳴瓢が普段いる場所・・・収監されていると言っていい。

それが今回のテロリストと同じ収容所、あるいは刑務所?であった点。

このことから推測するに、酒井戸もまた犯罪者すれすれの異常者ではないかということです。

犯罪者だからこそ犯罪者の心理が分かる。だからこそ鳴瓢は「イド」へ潜る被験体として利用されているのだとしたら。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ID:INVADEDイド:インヴェイデッド

2020/01/16 00:04 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking