FC2ブログ

「アサシンズプライド」第1話

【暗殺者の慈悲】

非情な暗殺者にも五分の同情(たましい)


「無能の才女」パラディンの娘にして「能力」を発動することのない少女。そんな彼女を指導するため一人の教師が派遣されてくる。しかし彼の正体は・・・

ファンタジア文庫刊。

よい最終回じゃった!(おい

ヒロインはちょいと訳ありなのですね。能力の発動しない彼女を指導しに来たという主人公ですが、彼はアサシン。彼女が能力を発動しないことが分かると・・・

主人公は裏社会に生きる人間と言えましょうか。任務に従って行動する。ところがヒロインと出会った彼は、彼女に肩入れをするようになると。

その行動は危険極まりないもので、

「さあ、もう後には引けない」

自身の言葉で自らの置かれた状況を吐露しておりました。

よくある異性アクションファンタジーかと思っていましたが、業が深くて興味を引く設定。

どこかのキリトさん似の主人公のセリフがいささか臭すぎますが()予想外・・・と言っては失礼ですが、なかなかに面白い第1話でした。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : アサシンズプライド

2019/10/12 11:56 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking