FC2ブログ

「彼方のアストラ」第2話

WILDERNESS

ドラポン?


リーダーになりたいカナタ。過去、遭難した経験からみんなを守りたいという意識が強い。片や、複雑な家庭事情からわがままに育ってしまったキトリー・ラファエリ。愛し方を知らない彼女は義理の妹であるフニシアにどう接して良いか分からない。

謎の球体に吸い込まれた後、宇宙へ放り出された少年少女たち。偶然見つけた難破船に乗り込み帰還を目指す。そこまでの物資の確保のため、先ずは最も近い星へと降り立ちました。

そこには当然未知の生態系があるわけですが、想像を凝らして描かれる自然がとてもユニークですね。故郷までの帰還する間、こうして星を渡り歩かねばならない彼らですが、ひとつにはこうやってその星独自の景色を楽しむ趣向もあるのでしょう。

にしてもドラポン?そう聞こえましたが、ドラゴンですよね?なんか呼び方かわいくなっちゃったw

さてそんな中で問題発生。

こうしたサバイバルの状況においては人間模様が描かれるのが定石。突っ走る者、言うことを聞かない者など。元々知り合いだったグループですら内紛が起こるものなのに、キャンプへ行くために集まった見知らぬ者同士ならなおさら。

しかしそれにはそれぞれの事情が反映していたりするものなんですよね。言ってみれば切羽詰まった状況でそれぞれのトラウマが露わになってしまうと言えます。

そんな窮地を体力と度胸で乗り越えたカナタ。みんなを危険にさらした自分はリーダー失格だと言いますが、彼の判断力をみとめられ、晴れてリーダーに任命されることになりました。

カナタの運動能力。十種競技をやってたんですね。この作品からは「度胸星」のような雰囲気が感じられますが、更にここへ「デカスロン」の要素が加わるとは!私の好きだった漫画の要素満載でなんだから嬉しい。

こうしてピンチを乗り切った彼らですが、またしてもあの球体が出現。なんとか逃げ切りましたが、これが彼らを追って来る理由は何なのか?

科学者を目指すザック・ウォーカーが宇宙船の通信機が破壊されていることを発見。配線の切り口は新しい。つまり犯人はこの中にいる!?

球体と通信機の破壊。この2つの要素は結び付くものなのか。不穏な空気が漂って来ました。

捕獲したドラポンの肉は思いの他美味しかった模様。この光景を見てアリエス・スプリングが笑い出しました。

「不謹慎だけど、なんだか楽しくて」

不思議な果実を食べて「当たっちゃった」のかと思いましたが安心しました。

当初の目的だった宇宙キャンプ。それは今こうして実現しているということ。冒険の旅は始まったばかり!


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 彼方のアストラ

2019/07/14 09:25 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking