FC2ブログ

「さらざんまい」第4話

【つながりたいけど、そばにいない

その男、凶暴につき


吾妻サラのサイン会が浅草で開催されることになった。楽しみにする春河。「まずい。本物が来る!」これに焦ったのは一稀である。弟を喜ばせるためのコスプレが、本物が来ることでその幻想がぶち壊しになってしまう。サラ誘拐計画を立てる一稀であった。

さて今回の事件は蕎麦が飛んで行ってしまうものでありました。ソバゾンビ。カッパゾンビだけかと思ったら・・・なんでもゾンビ付ければ良いと思ってるでしょ!

容疑者は女性の風呂の残り湯を盗んだ罪で逮捕された蕎麦屋の店主。女性が入った残り湯でダシを取ったり蕎麦を打ったりしたかったんだよね。うん。わかる・・・分かってたまるか~!

まあオチは見当が付きましたが本当にその通りでドン引きしましたがw

さて今回、漏洩したのは久慈悠でした。彼の家はもともと蕎麦屋でしたが両親が亡くなったことで立ち退きを余儀なくされた。しかしそれを兄である久慈誓が大金を持って取り返したのですね。ところがこれが「組」の金で。

悠は裏社会的な仕事をやっていたわけですが実際にそっち方面と繋がりがあることが分かりました。正しくは彼の兄がチンピラをやっていたことから、ですが。

しかし兄も本当は悪者じゃない。弟がいたからこそ、彼の居場所を守る為に自分を顧みず行動していたと言えましょう。

その中で最も悲劇的だったのが、兄を狙って来た組の一員を悠が殺してしまったこと。そしてそれをかぶったのが兄の誓であったこと。それが故で誓は人殺しの汚名を背負うことになったという。

珍しくまともな漏洩・・・というと一稀たちがまともじゃないと言ってるようですが()これまでにないシリアスさがあり、思わぬところで浪花節が発動したと言いますか。

とは言え、シチュエーションが違うだけで抱える問題の重さと言うのは変わらないのでしょう。誰の方がより深刻と捉えるよりは、それぞれのモチベーションとなる出自がどこにあるかを見ることの方が大切な気がします。

はてさて。負けが込んでいるカワウソ陣営ですが、これはやはりケッピに対抗していると言うことでしょうか。

尻子玉を獲る、欲望を搾取する。尻子玉が人の願望を示したものであるとするならそれもまた欲望と同義と捉えることが出来ます。そうなるとやっていることは双方同じに見えるのですよね。

人間ドラマの裏側でどのような対立構造が展開しているのか。その辺りも今後の流れの中で掘り下げられて行くのでしょう。

さて。一稀が最後に銀の皿を悠に差し出しました。彼の過去を知って同情したのか?うん。確かに悠の壮絶な人生に比べたら女装して自撮りしてる自分ってなに?となりますが(それを言うな

ただ一稀が残した一言が気になる。

「オレは春河が嫌いだ」

弟のため、弟と繋がるために奔走していたはず一稀が何を言い出すのか。この言葉の真相やいかに。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : さらざんまい

2019/05/06 14:38 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking