FC2ブログ

「Fairy gone フェアリーゴーン」第5話

【黒い月と迷い子の唄】

会いたい人はどこに。そしてどこへ行く


刺客と応戦するマーリヤ。その前に現れたのはヴェロニカだった。やっと見つけた親友。しかし彼女は既にマーリヤとは別の道を歩んでいるのだった。

ヴェロニカは統一ゼスキアの五公の一人であるレイ・ドーンを倒すことを目的としているようですね。故郷を奪った張本人として彼を許すことはないのでしょう。

マーリヤとしてはただヴェロニカに会いたいという願いでこれまでやって来た。マフィアにまで身をやつし、それは数奇な運命であったと言えますが、戦争が運命を変えたと言った意味ではヴェロニカと同様であると言えます。

さて、その五公のひとりにシュヴァルツ・ディーゼという男がいる。しかし彼は統一ゼスキアに忠誠を見せるフリをして何か画策している模様。このゼスキアという国家。形の上では「統一」を謳っていますがその実情には一枚岩ではない様子が見られます。

現在は取締機関であるドロテアに所属するマーリヤ。今回の任務成功を受けて行き付けの酒場で宴会が繰り広げられることに。

忌憚のない仲間たちとのやり取り。今夜はちょっとだけ無礼講。ただ、ひとり人知れずどんどん酒を開けるオズ・メアさんは結局なにもしゃべりませんでした。CV付いてるよね!?



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : Fairygoneフェアリーゴーン

2019/05/06 11:17 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking