FC2ブログ

「ドメスティックな彼女」第7話

付き合うって、こういうことだよ?

家族と恋愛するということ


「それは心中するのと一緒よ」好きだったと告白した夏生を陽菜がたしなめた場面である。家庭内で起こった出来事がどのような影響を及ぼすのか警告したのであった。しかしその言葉を否定したかった夏生は瑠衣とキスしてしまう。

夏生は陽菜が好き。瑠衣は夏生が好きという三角関係。夏生と陽菜が家族として?どんどん距離を縮めているところを見て瑠衣は焦りを感じてしまったようですね。

夏生の部屋に入り込み「キスしてみる?」と迫る。

キスをするという行為。それは身体を重ねる以上に特別なこと。人間の感覚は身体全体にあったとしても、精神的な部分を司るのは脳であり、そこにこそ感情が宿っていると言えます。

つまりその感情の部分が物理的に最も近づくのが「キス」という行為なのかも知れません。だからこそ瑠衣は夏生とキスしたとき「安心」を感じたと言えましょう。自分がいま、夏生と最も近いところにいると確認出来たから・・・

この辺りの心情。複雑で繊細な乙女の気持ちを示していて、実にエモーショナルでございました。

さてしかし。陽菜にああ言われたものの、やっぱりまだ彼女のことが好きな夏生。ある日、陽菜が自慰に耽っている場面に遭遇してしまう。

家族あるあるネタですね。

まあ息子が親父に見られただけなら「あいつもそんな歳になったか」で済まされるでしょうが、夏生にとって問題なのは陽菜がもともと他人であったからにほかならない。

親の再婚によって家族になった異性、ましてやそれがもともと憧れていた女性であったなら、健全なる男子ならば良からぬ妄想を膨らませてしまうのは無理からぬこと。

しかも今回、あのような悩ましい姿を見せられては・・・

自分が「いたす」ときは部屋の鍵だけは閉めような、夏生!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ドメスティックな彼女

2019/02/23 08:29 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking