FC2ブログ

「盾の勇者の成り上がり」第5話

フィーロ

ツーホー!ツーホーですっ


尚文が救った村に槍の勇者である北村元康とその家臣マインがやって来た。彼らは村人に法外な増税を行おうとしていた。村の支配権を巡って?2人はドラゴンレースで勝負することに。

何かと因縁深い2人が再び対決。ここでもまたマインがルール違反の魔法でもって数々の邪魔を仕掛けて来ました。

しかし奴隷商人から買った不思議な鳥フィーロにまたがった尚文は最後のコーナーでバンクを使って上手く加速。見事、勝利を得ました!

レース自体はコメディタッチの演出でしたが、ただここに現れた謎の組織。それは槍の勇者たちの不正を見抜いてそれをけん制する役割を果たしていました。

アバンで登場した貴族より遣わされた彼ら。この貴族だけは盾の勇者を評価しているようです。

ここにあるのは王そのものに対する警戒の念のよう。それは国家間の争いが見て取れます。

勇者の召喚によって各国のパワーバランスが崩れることを懸念するかの言動。勇者を召喚したのはただ平和を守るだけでなく、追々は戦争へ向けての戦力増強だとでも言うのでしょうか。

さて、奴隷商人から買った謎の卵から生まれたのが巨鳥フィーロでした。たったの2日で巨大に育ちましたw

ところが元康との勝負を追えて一晩経った朝、その姿は幼女へと変わっていました。しかも全裸です。

このままだと尚文が本物の犯罪者に!?

尚文との出会いで逞しく美しく成長したラフタリアとは逆に、幼女になってしまう場合もあるのですね(ぇ?

美しく育ったラフタリア。その姿を見た奴隷商人は「高く買いまっせ!」と交渉を持ち掛けました。

彼が尚文にラフタリアを売ったのは養育を任せて成熟したところを買い取るためだったのか!?



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 盾の勇者の成り上がり

2019/02/07 21:05 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking