FC2ブログ

「ケムリクサ」第2話

Episode.2

光り輝く草


どこからともなく現れた少年わかばを未だに警戒する3姉妹。特にりんは、わかばと一緒にいるときに受ける身体の変調に恐れを抱いている。これはいったいなんなのか。彼女らにはそれを表現する言葉がないのである。

うむ。端的に言ってそれは「恋」でしょうなw

恐らくりんに訪れる身体の変化は、鼓動が早くなるとか顔が熱くなるとか、恋における一連の症状であると思われます。

だけど初めて男に会ったりんにはそれがなんなのか分からないのですね。

3姉妹は色んな島を旅して来たようですが、どこもに男がいなかったようです。

となるとどうやって彼女らは繁殖して来たのか?もしかして彼女らは最期の世代だとでも言うのでしょうか。

ただ末っ子のりなだけは「何人かおり」、どれも見た目が同じことからクローン的な何かのように思えたのですが果たして。

この世界には不思議な光る草あるいは果実のようなものが生えており、その中のひとつはケムリクサとしてアカムシの撃退に活用される。

今回、わかばが青く光る草を採取しました。それは単に彼がそれに興味を持ったからでしたが、その草がわかばの何かに反応して光だした。

もしかしたらそれぞれの特性に合わせて能力を発揮する組合せなんかがあるのかも知れませんね。

ケムリクサ、アカムシ、そしてそもそもこの世界の成り立ちなど、まだまだ謎だらけで何が何だか分かりません。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ケムリクサ

2019/01/17 19:00 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking