FC2ブログ

「ゴールデンカムイ」第23話

【蹂躙】

照明弾に光る青い眼


網走監獄で騒動が起これば典獄である犬童が「本物ののっぺらぼう」のところへ向かう。杉元を囮にしたのはそう踏んだ土方のたくらみであった。監獄の外からは第七師団の砲撃。正に大地を蹂躙せんばかりの号砲が鳴り響く。自らものっぺらぼうのところへ向かおうとする杉元だが二階堂との戦闘の末、足を負傷。匍匐前進で這って行ったその先にいたものは・・・

この騒動の中、混乱に乗じて谷垣ニシパと逃げようとしたインカラマッはまるで鶴見中尉が来ることを予見していたかのよう。え?もしかして彼女が鶴見中尉を手引きしたとでも!?やはり鶴見中尉の手下として諜報活動していたのか~!

と一瞬思いましたが、状況を鑑みてここは逃げるが勝ちとばかり、宗旨替えしたと言ったところでしょうか。女の勘、そして度胸と機転。谷垣ニシパも感心するやら呆れるやらのインカラマッの身のこなしであったと言えましょうか!

やはり犬童は本当ののっぺらぼうのところへ向かいました。それを土方が追従。そこにはアシリパさんもいたのですが、居場所を知ったのち土方の隙を突いて逃げたのでした。

アシリパがいれば、彼女の父であるのっぺらぼうは金塊の在処を吐く。

そう目論んでいた土方としては虚を突かれたと言ったところ。こうなってはアシリパと一緒に撮った写真を見せて信じさせるしかないと・・・「あのとき」記念撮影した伏線がこんなところで活かされるとは!さすが土方さんによる二段構えの作戦にあっ晴れを差し上げたいと思います。

さて重傷の杉元は這いつくばってのっぺらぼうの元へ向かいます。そのとき上がった照明弾に照らされたのはひとつの人影。その顔はただれていて・・・しかし杉元ははっきりとその目が青いことに気が付いたのでした。

土方と犬童が戦っている間にのっぺらぼうは逃げ出していたのでした。果たしてこれが本物ののっぺらぼうでアシリパさんのお父さんなのか!?



@ムハンホウちぇっそ@


スポンサーサイト




タグ : ゴールデンカムイ

2018/12/18 22:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking