FC2ブログ

「LOST SONG」第12話 最終回

【始まりの歌】

それはもともと、ひとつの歌だった


世界に裏切り続けられた女フィーニスが遂に絶望したとき、終滅の歌が奏でられた。

前線では歌奏要塞を操るバスラ将軍が、世界を支配せんと暴虐の限りを尽くす。

これに立ち向かうアル。リンと約束した。「それが男だから!」

アルの捨て身の攻撃はしかしバズラ将軍の反撃の前に阻まれてしまう。一矢報いようと刃を立てたレオボルトもまた寸でのところで期を逃してしまった・・・

しかし!

体制を立て直したアルがレオボルトを伴って渾身の一撃を放つのだった!

フィーニスの声を聞いたリンは彼女のもとへ駆け付けた。もともと、歌はひとつだったのだ。

リンの歌う「癒しの歌」そしてフィーニスが歌う「終滅の歌」は同じ譜面に書かれたシンフォニーだったのである・・・!

ふたつの歌が合わさるとき、本当の奇跡が起きる。

これで終滅は免れた。しかしそこには既にリンの姿はなかった。

それを歌い終わるとき、救いは成就されるのである。

リンはフィーニスにとっての癒しの歌なのだから・・・

<総評>

始めに謝らせてください。初回の感想で「これはテンプレ過ぎて幼稚」だとかなんとか書いてしまったことを・・・!

それはとんでもない誤解、とんだ早合点でありました。自分の浅はかさを呪うしかありませんっ

まさかこんな展開を向かえるとは思いもよらず。これは世界の創造、そして終滅、そこからの輪廻と救済へ至る壮大な叙事詩であったという事実。

フィーニスの悲愴。そしてリンの正体が分かったことで生じる悲哀。こんなにも美しく悲しい物語があったのかと思うほど、限りない慈しみに満ちたファンタジーでありました。

全然テンプレなんかじゃない!

これはもう何も言わずに全世界の人に見てもらいたいアニメだと思いました。

特に最終回の演出がどこまでも素晴らしかった。

CMまで完全にプロデュースされており、本編との区別がない・・・例えばAパートとBパートのつなぎのCMはまるでダイジェスト。これまでの振り返りとなっており、そこからBパートなだれ込む展開など、完全にブーストがかかって慟哭の度合いが何倍にも増幅された感がありました。

いやこれすごいな・・・マジすごいぜ!

是非これはCM込みのテレビ版で見て欲しい。泣ける。それどころかこのままイベントにも突撃してしまおうかという想いに駆られてしまう!

こんなに驚きに満ちたアニメ、近年では他に知りません。

歌い終わることのない感動を胸に。しばし奇跡の物語の余韻に浸りたいと思います。


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : LOSTSONG

2018/06/24 21:46 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking