FC2ブログ

「ひそねとまそたん」第9話

【ギャーーー!!】

これは事故!事故ですからっ


マツリゴトへ向けての準備が進む。しかし訓練は難航を極めている。そんな中、巫女としてやって来た棗の厳しい視線に耐え兼ねているひそねさんの姿があった。どうやら小此木を巡っての嫉妬に駆られている様子なのだが。

あれですね、恋愛初心者によくあるヤツ。人に言われるまでその人のことを好きだって気づかないアレ。ひそねさんがそうでした。全然なんとも思ってないとか言いながら、小此木の駒かい仕草ひとつひとつまで知っている。それってもしかして?

棗がひそねさんに絡む理由がここにあったというわけです。棗もまた小此木が好きだからこそ分かる。こいつ、惚れてるな?と。ただそれだけなら単純に対抗すればいいだけのこと。気に喰わないのは当の本人がそれに気づいてないことなのですね。

女ってのは相手に自分が恋のライバルであると自覚してもらわなければ納得しないのでしょうかねぇ?ああ面倒くさい・・・じゃなくて!あんたも自分の気持ちに気付きなさいよ!という優しさなのでしょうw

その一方で星野に見舞った出来事とは?階段で足を滑らせた星野を助けようと財投が手を差し伸べたところ・・・体制を崩してそのままキスしちゃいましたw

はい。これは事故です!事故!

しかしこれが後にとんでもない事態を招くこととなりました。なんとOTFDパイを本気で消化しようとしたのですね。これはひそねさんも同じ。原因は?

飯干事務次官が言うには、それは「吻合」(ふんごう)ですねと。つまり2人は恋をした。特に星野に至っては接吻までしている!(いやんっ)恋の芽生えがOTFに変化を与えた!?

これはどういうことなのでしょう。OTFDパイとの間にある絆が揺らぐからでしょうか。いずれにしても飯干事務次官の目が怖い。「恋をしましたね?」えぇ?もしかしてDパイって恋愛禁止だった!?秋本プロデューサー、ほんとすんませんっ(そっちの恋愛禁止はどうでもw

さて気になる事項がもうひとつ。曽々田空将補が言った「くさびめ」についての言及。マツリゴトに際し、最後に選ばれた巫女がなんちゃらかんちゃら。くさびめ。漢字で核なら「楔女」でしょうか。その字面から見て何か不穏なものを感じます。

巫女の様子を見つめるジョアおばさん、改め樋本貞さん。過去にマツリゴトに関わった彼女なら知っているのでしょう、くさびめの役割を。何卒、平穏に終わって欲しいと願うのですが。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ひそねとまそたん

2018/06/10 19:47 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking