FC2ブログ

「メガロボクス」第10話

THE DIE IS CAST

もう。「人情」だけじゃやっていけねぇんだよ


南部にチャンスを与えた藤巻。その黒幕が結果を欲しがっている。いつまでもちんたらやっているんじゃないと。それが裏社会の掟。メガロニアでいったい何を見せてくれるんだ?もう後がなくなった南部。結局、利用されるだけだと知ったジョーはチーム番外地を去ることに・・・

今回、サチオのバックグラウンドが語られましたね。白都グループ?のエンジニアをしていたサチオの父。しかし彼の技術だけが盗まれ、後は抹殺されてしまった。サチオがメガロニアにこだわるのは白都への復讐。だけど復讐を果たすのはあくまでリングの上だとするサチオ。

子どもながら自らの美学をしっかりを持っているサチオの生きざまが胸を打つんだよな!

そんなサチオの想いを知ってか知らずか、ジョーは相変わらず生身でリングに立とうとする。

ジョーと勇利の対話から分かったこと。ジョーは自分のためにリングに上がる。勇利は自分に賭けてくれた人のためだと言う。2人の何が違うのだろうか。

ただ頂点に立ちたい。とことんまで行きたいと考える。イカサマだとか野良犬とか、エリートだとか正攻法だとか。

そんなことは関係なく、倒すべき相手を前にしているときの2人は、ただ単にひとりのボクサーの顔になっているように見えるのであります。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : メガロボクス

2018/06/09 13:12 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking