FC2ブログ

「弱虫ペダル GLORY LINE(第4期)」第21話

リミッター

野獣の遺伝子!


葦木場が仕掛けたブラフ。山岳ポイントで足使ったなら、ゴールスプリントはクライマーに任せればいいじゃない!?

葦木場と新開悠人の師弟関係。それが確立したエピソードが回収されました。

誰からも隔絶し、他人に対して敬意を払わない態度。それが新開悠人の速さであり弱点であったと言えます。

そんな悠人を諭したのは、一見天然でありながら、誰よりもチームメイトを見ていた葦木場であったというお話。

そしてその葦木場は・・・新開悠人をもしっかり見ていたのですね!

インターハイ。残り1㎞のフラムルージュを通過した先頭集団。ポジションを確保したのは今泉と御堂筋だった・・・が!

そこへ割って入ったのが箱学の新開悠人でありました!

葦木場にアシストされた悠人はこのままゴールスプリントへと突入する!?

クライマーなのに・・・しかし!兄は箱学のエースを背負っていたあの新開である。その素質、脚質にはスプリンターとしての遺伝子が宿っている!?

いや。これは脚質とか云々すらとうに超越した野獣の素質だと言えましょうか!

葦木場はこれは見越していたのですね。新開悠人の才能。それは山岳だけにとどまらない と!

これに対抗したのが今泉!

これまで見せたことのない加速。今泉は自分に課していた。リミッターを外すのだと!

常識では考えられない偉業を成し遂げて来たのはチームメイトであった。最強の田所トレイン!スパイダー巻島!それから鳴子の鬼引き!そして坂道くんの「ヒ~メ、ヒメ♪」(ぇ?

今度こそ自分の番。新開悠人と御堂筋がけん制している間に飛び出した今泉のアタックは正に渾身!

レースの勘が突き動かしたスプリント!まるでアレハンドロ・バルベルデのようだ~!(分かる人だけ分かってください

果たして今泉はこのままゴールへ突き進むことが出来るのかぁ~!?と思ったらまさかの次回へ()

ゴールまでが長い。長いよ~!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 弱虫ペダル

2018/05/30 23:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking