FC2ブログ

「ヒナまつり」第6話

【新田さんの父親はダンディ

こんなアニメで俺を泣かせるんじゃねぇよ・・・


新田の母から掛かって来た電話に・・・ヒナが出た!?事情を説明するためヒナと共に実家を訪れた新田はなんとかごまかそうとするが・・・

こういうシチュエーションってなんて言うんでしょうね。胃痛ネタ?とか。

新田としてはヒナがなんて言うか心配だったのですね。本当のことなんて言ったらむしろこんがらがっちゃうし。

新田はしかし、なかなか噓をセンスがあるようです。もっともところどころメチャクチャですがw

なんとか母と姉に信じてもらえたようで・・・ってこの2人がそもそもぶっ飛んでてヤバイのですわ。

お姉さんの行動なんて新田よりヤーさんっぽいし(おいおい

まあ人情に篤いところなどは新田にそっくり。この親にしてこの子あり!納得できるものがあります()

新田の嘘をなんとかフォローしようとするヒナを見て、新田は「成長したなあ」と感心。これまではまったく空気読みませんでしたからね。

もっともこれまでがあまりに酷かったのでほんのちょっとの成長でも随分、感慨深いというアレです。レベル低いな~

さて後半はアンズさんのお話。ホームレスの住居が撤去されることになりました。

こう言うのは自治体の方針で決められることですからどうにもならないのですよね。

「わたしたちはここにいます!」

みんなと別れることになったアンズさん。でも最後までみんなでいたいと、看板を自作して抵抗するのでした。

そんなアンズの姿を見て、嬉しいけれど辛い気持ちの方が上回ってしまうおじさんたち。

いたいけな少女ひとり守れない自分たちに不甲斐なさを感じているのです。

別れの日、みんなは後ろも振り向かず立ち去って行きました。例え振り返ったとしてももうアンズの姿など見えなかったでしょう。何故ならその目は涙でかすんでいたのだから・・・

中華料理店へ引き取られることになったアンズさんですが、自分だけこんな美味しい夕飯を食べて良いものかと泣き出してしまいました。

おじさんたちのことを思うと胸が締め付けられるのですね。

翌朝、仕事を手伝いたいと言って来たアンズさん。働いて稼ぐからご飯が食べられる。それを教えてくれたのがホームレスのおじさんたちでした。

アンズの父となった中華料理店のおやじさんがこう言いました。

「そう思えるのは、みんなの心がアンズちゃんの中に生きているからだよ。そしておじさんたちの心にもアンズちゃんがいるんだよ」と。

涙と鼻水でぐずぐずになった顔で笑って見せたアンズのなんと美しいことよ・・・

特別エンディングテーマが流れる。みんなで撮ったポートレート。

「みんなはここにいるよ!」

このアニメに出会えて、俺、本当によかった!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト

タグ : ヒナまつり

2018/05/13 11:17 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking