FC2ブログ

「ゴールデンカムイ」第5話

駆ける

臓物はらわた大脱走!


第七師団の双子が杉元を殺そうとやって来た。ひとりを返り討ちにした杉元だったが、腹部に大きな損傷を負ってしまう。そこからは臓物があふれ出し・・・このままでは入れ墨の人皮の在処がわからなくなってしまうと、鶴見中尉は杉元を医者へ連れて行かせたのだが。

アシリパさんと白石が救出に来てはいたのですが、不測の事態が発生すると言った場面でした。双子のひとりと刺し違えたように見えた杉元でしたが、それは演技。倒した双子の臓物で偽装し・・・というかなりエグイ方法で脱出に成功したのでした。

デスメタルとか好きな私としては大好きな描写でしたが(もちろんリアルでは勘弁ですよw)、もしかしたら気分の悪くなった視聴者もいらっしゃったかも知れません。

さて今回もまた色んな動きがありました。杉元が脱出できたのは朗報でしたが、不穏なところでは土方歳三がいよいよ実力行使に出たことでしょうか。先ずは仲間をそろえようと向かった先で、協力が得られないと分かるやいなや全員殺害と。その容赦のなさが尋常ではない。

ただ今回のことで土方歳三の目的が白日の下となりました。どうやら北海道の占領を目論んでいるようです。そしてこれを新撰組の残党と、あるいは利害の一致した流れ者たちと協調する形で目指しているようです。

やはりそこでアイヌの金塊こそが資金源となるのでしょう。これで武力を整える算段であることが分かりました。

また別の方面では杉元が仕留めそこねた第七師団の兵士、谷垣源次郎の動きも気になるところ。彼は青森辺りだったかのマタギのせがれでしたが、今回、北海道のマタギと行動を共にしていることが分かりました。

そのマタギというのが伝説の人物らしく、彼が山へ入れば軒並み熊がいなくなるというほどだとか。その名を二瓶鉄造。彼がどう金塊探しに関わってくるのでしょうか。杉元を中心とした三つ巴、あるいは四つ巴の様相を見せてまいりました。

ところで杉元が逃走に使った馬ですが、目立つからと言って残念ながら馬刺しになる運命に。大切な命、美味しく頂いた杉元以下アシリパさん、白石でしたが・・・

すき焼きにしたのですがこれに味噌を使ってしまった杉元。以前より味噌をウンコだと思い込んでいるアシリパさんは当然拒絶しますが、杉元たちが美味しそうに食べるのを見て覚悟を決めて口へ運んだ・・・その結果は?

「ヒンナ!ヒンナ!!」

と好評でございましたw

いやぁ、よかった。アシリパさんに味噌の美味しさが分かってもらって本土の人間としては嬉しい限りです!


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト

タグ : ゴールデンカムイ

2018/05/08 20:58 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking