FC2ブログ

「ひそねとまそたん」第4話

ヤツらが岐阜にやって来た

安定のひそねさんです


全国のDパイと合同訓練が行われることに。コミュ症・・・というかいつも一言多いひそねさんはなんとか彼女らと交流を図ろうとしますが。揃った人材のは意識高い系に癒し系に視線恐怖症に・・・。全然まとまりがない人たちいったいどうすればい~の~!?

岐阜代表としてがんばりますっ!

言っては見たものの、気合い入り過ぎていきなり暴走しちゃう辺り、さすが安定のひそねさんでございましたw

ドラゴンって案外たくさん棲息していたのですね。てっきりまそたんだけかと思ってました。日本スゲーな。

さて今回揃ったメンツ。いろいろ問題児ばかりのようで・・・って、ひそねさんを始め、つまりDパイって全部問題児しかいないじゃないか!って言ったらおしまいよ?

特に問題なのが福岡から来た星野絵瑠でしょうか。タックネームこそ「ペンギン」とかわいらしいですが、彼女は自分のOTFに名前すら付けずただのモノとして扱っている。

星野が「自分は飼育員じゃない!」と言い張るのは意識の高さから?命令を無視しOTFを酷使し・・・結果ストレスでOTFがダウンしてしまう事態に。

何が星野をここまで駆り立てるのでしょうか。どうやらDパイの地位向上のため・・・と言った傾向が見られますが、果たしてそれだけなのか?

星野のやり方に対してつい率直にダメ出ししてしまう、ひそねさん。やっぱり一言、いや余計なことばかりよくもまあ(苦笑;)安定のひそねさんですっ(そこか

ただ星野については埼玉入間基地所属、タックネームを「モーリス」という日登美真弓も苦言・・・というか、ブチ切れてモードでした。

「ドラゴンはモノじゃねぇんだよ・・・」

温厚そうに見えた日登美でしたが、このときばかりは元ヤンか?と思うほどの迫力でした。そして握力が強いw

日登美の闇が怖いなと思った瞬間でした。

この様子を影から見ていてたのが青森三沢基地所属の絹番莉々子。着替え中にいさかいが始まったので出るに出れない状況だった模様。タックネーム「ジミー」という彼女には気配を消すステルス能力があるのでしょう。

トイレに行きたいからと言って、自分で「とぅるるる、るるる~」と言いながら走り去る絹番の後ろ姿がとてもステキでしたw

こんな牧歌的な作品においても女たちのドロドロした情念を描く辺り、岡田マリーさんの脚本もまた安定して病んでいますわ~

さて、今回の合同訓練を企画したのが飯干事務次官。どうやら星野の問題を知っててブッキングしたようです。

事務次官が言うにはドラゴンとパイロット・・・つまり選ばれた少女たちとの真の関係が知りたいと。そして現在の状況はそれを明らかにするのに持って来いの事態であると。

来るべきときに備えて。

そういう飯干事務次官の思惑とは一体なんなのでしょうか。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト

タグ : ひそねとまそたん

2018/05/04 15:58 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking