FC2ブログ

「STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)」第3話

双対福音のプロトコル

オカリンには好きな人がいるのです


レスキネン博士の認可を受け、牧瀬紅莉栖のアマデウスとの通信を行うことを許可された岡部倫太郎。これはひとつの思考実験である。中身の人間とのコミュニケーションによって得られるインプットがAIにどのような影響をもたらすのか。しかし岡部と紅莉栖との間には複雑な関係がある。この臨床実験に比屋定真帆は警鐘を鳴らす。

ラボではクリスマスパーティ・・・もとい。正しくはクリス”コスプレ”パーティが開催。ここにはまゆしいのコスプレ仲間と鈴羽の母となる由季がいて、更にはオカリンと合流したレスキネン博士と真帆も参加しているのです。しかも女子はみなサンタコスで・・・

これどんなサービス回ですか!

研究者であるレスキネン氏も仕事を忘れて楽しんでらっしゃる()ですよねぇ~「特に」るか君はとても美しい。そこら辺分かってらっしゃる!なんだかレスキネン氏とはワタクシ趣味が合いそうですw

ところがこんな楽しそうなイベントにまだ一人ジョイントしていない人物が。任務に追われて遊んでいるどころではない鈴羽がその人であります。でもまゆしい的には鈴羽にこそ楽しんでもらいたいと思っているのです!

そこで刺客を差し向け・・・ダル父さんが実の娘を拉致しに向かいますよ!ハァハァ(自重しろ

これで鈴羽も無事にみんなと合流。登場キャラが一同に会す様はとても素敵な光景でありましたw

さて宴も佳境に差し掛かったところで岡部に1本の電話が入る。それはAIのクリスからのものでした。岡部がなぜ自分を「クリスティーナ」と呼ぶのか?その答えを用意したという他愛のないもの。

ひとり席を外した岡部が親しそうにクリスと話す現場を目撃したまゆしいは、そっとその場を去って行きました。岡部が話しているのはまゆしいが知らないクリスであります。もっと言えば人間でもない電子的な存在でしかない。

もちろん、まゆしいはそのことを知りませんが、ただ岡部がその何者か知らない誰かに心を奪われてしまっていることだけは分かる。だからだまって立ち去るしかなかったのでしょう。岡部の気持ちを察して・・・

そんな岡部のクリスとの通信を断ち切ったのが真帆でした。今や岡部はAIと現実にいたクリスとの区別がつかなくなっている。気が付けば岡部はAIに依存するようになっていた。彼女はこれを危険視していたわけですね。

現在の岡部が現実逃避の方向へ向かっていたとすれば、このままクリスのいない世界で完結することになるのでしょう。そしてそれはそのまま岡部の人生の完結をも示すことになる。現実と向き合うことを放棄すれば、それすなわち廃人ですからね。

果たして岡部はリアルに戻ってこれるのか!?



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト

タグ : STEINS;GATE

2018/04/29 12:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking