FC2ブログ

「フルメタル・パニック!Invisible Victory」第3話

BIG ONE PERCENT

君に属する全てを守る


べヘモス襲来。唯一これに対抗したことのあるクルツ・ウェーバー主導のもと、迎撃作戦が取られる。とは言えラムダ・ドライバ搭載のべヘモスを倒すのは針の穴を通すほどに困難。しかしそのわずかな可能性に、賭ける・・・!

うむ。何人かの犠牲を払いながらなんとかべヘモスの攻略に成功しているようですが、以前として戦況はミスリル不利な状況。しかもそこへ上陸部隊のヘリまでもが到着したとなると・・・水際でこれを迎え撃つクルツも果たしていつまで持つことやら。

学校ではアマルガムの幹部?であるクラマに、かなめのクラスメートである常盤恭子が捕えられている。危機的状況は既に学校にまで及んでいるのですね。

こうしてアマルガムの包囲網が完成しようとしている中、宗介とかなめは互いの胸中を語り合い、その中で恐怖を露わにしておりました。本来民間人であるかなめが恐れを抱くのは分かるのですが、淡々と任務をこなすだけに見えた宗介にも恐怖心はあったのですね。

ある意味それは意外でしたが、宗介が今感じている恐怖・・・彼は自分が何を背負って戦っているのか。それを今実感しているからだと言えましょう、

かなめの事が好きだ。そしてかなめが暮らしている世界が好きだ。そのどちらも欠けてはならない。宗介が守ろうとしているのは、かなめとそして彼女が大切に思っているもの全てなのです。

どうやったらそれが実現出来るのか。「一緒に考えて欲しい」宗介のこの言葉は今までになかった発言のように思います。かなめを守るためなら彼女を戦いから遠ざければいい。しかし宗介が導き出した答えは、かなめと共に戦うという意志であったと言えましょうか。

かなめをどれほど大切に思っているか。この言葉にはそうした宗介の想いが込められていたように思います。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト

タグ : フルメタル・パニック!InvisibleVictory

2018/04/28 13:13 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking