FC2ブログ

「ハクメイとミコチ」第10話

【竹の湯と大根とパイプ】

姉。登場で事件の予感!?


近ごろ肩こりがひどいハクメイ。そこで近所に出来た温泉へ行こうと誘ったミコチ。ところがネコの団体が帰ったあと、抜け毛で詰まった排水管の工事のため臨時休業してたのでした。

「温泉がないなら、露天風呂を作ればいいのよ!」

とマリーアントワネットが言ったかどうか知りませんが()竹でお風呂を作ることにしたハクメイ。

なるほど。2人のサイズなら竹の一節でぴったりなのです。

竹を立てに半分に割った形。これ、いいですねぇw

お風呂作りは大変だったけど、熱い湯船につかりながら冷酒を1杯やれば疲れも吹き飛ぶと言うもの。

なんとも風流。こうして和テイストのオブジェがひとつ加わりましたw

ある日、頼んでもいない大根がまるまる一本届いた。するとついでにミコチの姉まで届いた!?

突然やって来たミコチのお姉さん、アユネ。最初はネコをかぶって良い姉風を演出。

ところが本性は破天荒な性格だった!?

劇作家をしているというアユネ。スランプに陥っただとか、大根の煮つけが食べたいからだとか、妹に会いに来たのだとか要領を得ない。

その上、何をやらせても手際が悪い。ただで家に置いておくわけにはいきませんからw

わがままで自分勝手で・・・ただ姉の書く脚本だけは本当におもしろい。

だからこそ許せないと思っているミコチ。

夕飯の席でハクメイが話した願いを叶える鳥、火風(カフウ)の話を聞いてインスピレーションを受けたアユネは突如新作のアイデアを書き始めた。

こうなってはもう話しかけても聞こえない。

夜遅くまで書き物を続ける姉に晩酌を持って行ったミコチ。すると姉は突然、もう帰ると言い出したのです。

手を振ったその指にはリングが。

そう。ほんとうはアユネは結婚のことを伝えに来たかったのでしょうw

「作家辞めちゃうの!?」

おめでとうより先にそのことで心配するミコチ。これに面食らった姉の図()

ぶつかり合ってはいても、やはり家族。姉のことを応援しているのですね。

「続ける」と約束してアユネは帰って行きました。

ミコチの家族構成が少し分かって来ました。まだあと弟がいるらしいw

小さな世界のあったかいお話でした。


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ハクメイとミコチ

2018/03/17 13:35 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking