FC2ブログ

「ハクメイとミコチ」第9話

【水底のリズムと凝り性の染め物】

海底二万里!?


「骨」の起動実験。水中探査用の骨サイモンを開発したセン。その実験にハクメイとミコチ、そしてコンジュも同行することになった。歌い手であるコンジュのリズムをサイモンの原動力するためである。

なんだか海底映画のような趣き。だけどここは2万マイルもあるような深海ではなく、恐らく20センチくらいな気がします()

ところが順調に航行していると思われたサイモンが突如として停止。最初、自分がはしゃぎすぎてリズムが速くなり、サイモンに負担をかけたのが原因ではないかとコンジュが泣きだしてしまいました。

だけど本当の原因は深く潜り過ぎてしまったことにあるらしい。これはセンの采配ミスでありました。

もしかしたら戻れなくなるかも知れない。センはみなに対して申し訳ないと打ち明けます。

この窮地に際して「こんなときこそ歌うしかないわ!」と言ってコンジュが逆切れ!?ミコチやセンとも協力して歌い出しました。ハクメイは・・・音程がちょっとアレだけどがんばりましたw

すると元気を取り戻したサイモンが動きだしたではありませんか!どうやら賑やかなのが好きらしい。サイモン、意外にラテン系?が好みなのかも()

無事に地上へ戻ることが出来ました。

センの服を作ることになったミコチ。みんなで一緒にコンジュのステージを観に行ったとき、その衣装に感心したから。もちろんコンジュの歌も堪能しましたw

繊維を染めるところから仕立て始めるミコチ。こだわりの人です。

センにデザインを確認してもらうミコチ。ここでセンも要望を出します。こちらもこだわり派。「かわいくない」「いや機能性が」頑固が揃うと話が前に進みません(苦笑w

出来上がった服は紫を基調としたエレガントなもの。うん、とってもキレイ!月明かりによく映えます。

「大事に着るよ」

研究室にばかり閉じこもってないで、たまにはお洒落して街へ繰り出してねw



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : ハクメイとミコチ

2018/03/10 15:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking