FC2ブログ

「刻刻」第6話

㐧陸

カヌリニは人の夢を見るか


真を見失ったことで生きる糧を失った翼は止界に飲み込まれようとしていた。強い意志を持つ事、それが止界で生きる鉄則。それを失った者は自身がカヌリニになってしまうのだ。

翼が実に危うかったですね。寸でのところでカヌリニになってしまうところでした。運よく樹里たちが合流したことによって翼からタマワニを追い出し危機を脱した。

しかしこれは本当に間一髪で、ほとんどカヌリニになりかけていた翼が助かるのかどうかわからない状況でした。今回の一件でカヌリニになりかけた直後なら助けることが出来ると分かりました。

しかしながら、これが既にカヌリニになってしばらく経った人の場合はどうなのでしょうか。間島翔子はカヌリニになった家族を救うために止界へ来たと樹里たちに告白しました。そして件のカヌリニを呼び出すこととなったのですが。

そして呼び出されたカヌリニは確かに間島の家族でありました。樹里がタマワニを追い出すとこれは崩壊しました。その中からは確かに間島の家族が出て来たのですが、それは既に「残骸」とでも言ったものでしかなかったのですね。

やはり時間が経つごとに人としての体裁が保てなくなるようです。ところが間島の兄だけは自分で立つほどには人間としての体裁を保っていました。もしかしたら両親が息子を守っていた、なんてことがあったのかも知れません。カヌリニになっても家族の愛は失われないのだとしたら、少しは救いがあるように思います。



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 刻刻

2018/02/19 20:24 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking