FC2ブログ

「宇宙よりも遠い場所」第6話

【ようこそドリアンショーへ】

ドリアン助川ショー!?(違います


いよいよ南極へ向かって出発!先ずは中継地点であるシンガポールに立ち寄り・・・と思ったら観光している間に日向のパスポートが紛失!?

初めての海外旅行。そこでカルチャーショックを受けるのではなく、ここでこういう暮らしが営まれているんだ!と感慨に耽るキマリさんなのでした。

うん。私も初めてロサンジェルスへ行ったとき、ほんとうにハリウッドってあるんだ!そう思った記憶があります。

それぞれの世界があって、そこにたくさんの人たちがうごめている。それは歴然たる事実。だけど実際に目にするまではそれは信じられないことなのですよね。

世界を知るというのは正にこう言うこと。グーグルマップを見てどんな場所でも行った気になるのとはわけが違う!というわけです、たぶんねw

ところがここで問題勃発。なんと日向がパスポートを失くしてしまったのですね。大使館に行けば半日で再発行してくれるとのことですが、出発はどうしても遅らせなければならい。

そこで便を振り替えてもらおうと提案する報瀬に対して、「先に行っててよ」という日向がぶつかることになってしまったのでした。

「人に気を遣われるのが大嫌い」

日向の言い分はそう。それが嫌で高校も行かなくなってしまったのだという。そんな日向は南極へ行くことを最優先している報瀬に対して負い目を感じたと言えましょう。

確かに報瀬は誰よりも南極へ行きたいと思っている。そこにこだわりを持っていると言えます。

そのこだわり故に人付き合いが出来ない。まあ変人なのでそもそも人が寄り付かないというのはあるかもw

前回の話で、キマリとめぐみが外向きと内向きの対比になっていたように、この2人もまたある種の対比になっている感じがします。

人との触れ合いが苦手な日向に対し、人との触れ合いがなくても構わないと思っている報瀬という図式があるでしょうか。

しかしその根底にあるのは、どちらも自分が傷つきたくないという気持ちにあるような気がします。

自分を守るために、日向は人との接触を拒み、報瀬は無関心を装っている。そんなようなものが見え隠れするのです。

どちらもこだわりが強いだけに意固地になってしまう。だけどそれは寂しさの裏返しとも言えると思います。

気を遣って欲しくない日向に対してとことんまで気を遣ってみせる報瀬。当然そこには衝突が生じる。だけどそれでようやくお互いに本音を言い合うことが出来たのでしょう。

最後はまるく収まって、日向のパスポート再発行を待ってみんなで南極へ行くことになったのでしたw

・・・なったのでした?

ありゃ。なんと報瀬のバッグから日向のパスポートが発見されると・・・

日向からパスポートを預かった報瀬がそのままバッグにしまってしまったのでしたw

はい罰ゲーム発動。2人でドリアンに食す刑が科せられましたとさ!

ドリアンと言えばあの独特の「臭い」が特徴ですが、私も先日、オシャレに決め込もうとウォッシュチーズなるものに挑戦したところ、これ食べられるの?ってくらいすごい臭いがしていたのでした。

それはまるでウ〇チ・・・(自主規制


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 宇宙よりも遠い場所

2018/02/07 20:46 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking