FC2ブログ

「宇宙よりも遠い場所」第3話

【フォローバックが止まらない】

女子高生南極決死隊、結成!?


民間南極観測隊に人気アイドルの白石結月が同行!というニュースが流れる。ところが彼女は行きたくないと駄々をこねている。偶然、小淵沢報瀬と玉木マリと三宅日向の3人をを見つけた結月は彼女らに代わりに行ってくれないかと頼むのだが・・・ひょんなことから舞い込んだチャンス。チーム「キマリ」これで南極行きが「決まり」か!?

「あなた、しゃべれるんですか?」

ルックスはアイドル並の報瀬ちゃん。ところがまったくしゃべれませんでしたw

結月のジャーマネであるお母さんが報瀬たちのことを聞いて乗り込んで来たのですね。

テレビの収録になりますからね。「間」が開いちゃうと放送事故になっちゃう()まあ編集でなんとかすればいいのでしょうが、余計にしゃべったことはカット出来るけど、しゃべらないんじゃどうしようもないですからねぇ・・・

逆にしゃべりは達者だけどルックスでNGが出てしまったのは日向でした。さりげなく傷つく彼女。うん。こんなでも乙女だったんだぁ!(「こんな」とか言わないでっ

そんなこんな、結局チャンスをものに出来なかったマリたちでしたが、相変わらず頑なな結月に業を煮やしたお母さんが「結月を説得したら一緒に南極へ連れて行ってあげる」と申し出てくれたのですが・・・。

小さな頃から子役として活躍して来た結月には友達がいない。芸能人であることのジレンマを告白した彼女。結月は寂しい子だったのですね。だからこそ余計に友達に憧れがある。そんな彼女からしたらマリたちは仲良しこよしの親友に見えた。それがやきもち?に感じてしまったと。

しかしマリはそうじゃないという。3人は知り合ってからまだ一月足らず。ただこの3人は向かうところが同じなのだ!という。

「友達」ってどうなってからが友達と言うのだろう。それはよく分からないけど、「やっぱ芸能人って大変よね」と線を引かれるより、ただ「一緒に行こうよ!」と言われるだけで良いのかも知れない。

そこに何にも区別がないこと。お互いを分かってるようで分かってなくて、でもなんかわかった風に思ってること。そう言うことなんじゃないだろうか!

「とりあえずゲーセン行こうぜ」と「とりあえず南極行こうぜ!」は同じ意味なんだよ!それで良いんじゃないかと思うわけでw

そんな3人に感化された?結月。そこにはいつの間にかチーム「キマリ」に加入していた彼女がいたのでした()

この作品、キャスティングも良いのかも知れない。メインの4人はお馴染みのメンツなので正に阿吽の呼吸でコンビネーションがばっちりなのですよねぇ~

もちろん演技も完璧!新作でも安心して見ていられますわw

3話目もイイ!なんかこれ、本当に青春してる!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 宇宙よりも遠い場所

2018/01/17 21:36 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking