FC2ブログ

「弱虫ペダル GLORY LINE(第4期)」第1話

最終局面へ

ネコまっしぐら!


インターハイ初日の山岳ポイントを獲ったのは箱学の真波山岳!競り負けた総北の手嶋純太はここでオールアウト!力尽き、路肩に倒れそうになっていた・・・とそこへ!後方から勢いよく追い上げてくる選手がひとり。

「間に合った!」

いや!正確には間に合ってないぞ、坂道くんっw

だけどあの走り、やっぱ熱くさせてくれるぜ!

というわけで始まりました!弱虫ペダル4期!

放送がない間にいろんなことがありました。サイクルロード熱が本格的に高まったワタクシは宇都宮までジャパンカップを観に行ったり。そこで原作者の渡辺先生をお見かけしたり!

くっそ~!恥ずかしがらずにあのとき一緒に写真撮ってもらえばよかった!とっても気さくに応じてくれてたのでね。先生も本当に自転車好きなんだなって思いました(笑)

だからこそ今期も燃えて行くぜ!

さあ、山岳ポイントを真波がゲットしたことで箱学本体が動きだしました。黒田に葦木場を引かせ、ゴールを獲る算段。

ここでチーム・ロースター・・・つまり選手登録ですね、を見ているとアレ?と思うわけです。黒田ってクライマーじゃないの?と。

実はここには泉田の戦略があったのですね。

「エースアシストをやらないか!」

やらないか!泉田が言うと意味深ですが(笑)(こらこらw

なんと黒田にアシストをやることを提案したのは泉田だったのですね。

これはもちろん黒田の才能を見込んでのことだったのでしょうが、それに応えた黒田の英断。クライマーとしてのプライドを捨てチームの為に走る!

これはひとえに泉田に対する尊敬があったからに他なりません。しかしそんな黒田もかつては泉田の生真面目過ぎるところが嫌いだったようですが(笑)

しかし確かに泉田のオーダーがこれまで数々の実績を残して来たこと。泉田の言うことを聞いていれば勝てる!その信頼こそが黒田を動かしたとも言えるでしょうか。

これを向かえ撃つ総北も黙ってはいない!鳴子と今泉を発進!アシストをするのは浪花の弾丸的なアレの鳴子章吉!(ちゃんと覚えてないw

それはともかく!

こちらの先頭集団争いもなかなか接戦!しかしロードレーサーに相応しい柔軟性のある筋肉を持つ黒田の走りの方が、現時点では1歩リードしている感がありますな。

「箱学最速の運び屋、黒猫!」

正に信頼、安心、確実な宅配便!(笑)黒田の真骨頂が正に発揮されているところなのであります!

黒田の「猫足」がエースを無傷でゴールまで運ぶ、誰よりも速く!昨年出場できなかったインターハイ、その雪辱をこうした形で果たそうとしているようです。

そして何より、山岳を含んだこのアップダウンするコース。正に黒田向き、つまり「だいたいサガン向きコース」ってことですね!(知らない人はググってみよう!

ちょっとこれ、総北大丈夫かなぁ~

そして後方、現在プロトン(メイン集団)を牽引している京都伏見が虎視眈々と獲物を狙うかのような動きを見せているのが不気味なのだ・・・!



@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 弱虫ペダル

2018/01/09 22:34 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking