FC2ブログ

「Just Because!」第12話 最終回

Get set, go!

特大ホームラン


泉に告白しようと決めた夏目。しかし泉に送ったラインにはいつまで経っても既読が付かず・・・

そこの頃、泉は写真部の部室にいた。

小宮と2人。作品が金賞になったことを泉に伝える小宮。そして自分の想いも・・・

泉の気持ちに答える泉。それは・・・

丁寧に描かれた卒業式。寂しさと同時に喧騒が入り混じるあの感じ。悲しみを隠すために強がって見せるような、あの感覚が懐かしかったりします(笑)

先生はにっこり笑うだけで話そうともしない。きっと口を開いたら泣いてしまうから?なのでしょうか(笑)生徒の成長と別れをしみじみ味わっているかのような佇まいが実に印象的でした。

泉に告白した小宮ですが「ほかに好きな人がいるから」と断られてしまいました。それはとっくに分かっていた。だけどこの恋愛にけじめをつけるためには必要な儀式であったと思うのです。

小宮が手作りしてくれた卒業アルバムが泣かせる。この子のこういうところが一途で健気なのだぁ!

「夏目から逃げるなよ」

そう言ったのは相馬でした。「それじゃ始めようか」ホームランを打ったら告白。この2人はやっぱり最後には白球で語り合うんだね!

泉が打ったホームランが飛行機雲の軌跡と重なって・・・この演出、好きだなw

夏目が打ったライン。「中学の裏庭で待っている」結局、待ち合わせに現れなかった泉。そしてみんなはバラバラになって行く・・・

新学期。大学へ進学した泉はまだ知らなかった。

夏目に送ったまま、1ヶ月も未読のライン。泉は新しいメッセージを送ってみる。

今度はすぐに返って来た。

「うしろ」

振り向けばそこに・・・

<総評>

「あんたを追っかけて来たんじゃないんだからねっ」

夏目のこの言葉が粋でしたw

青春の群像劇。それをどこまでも瑞々しい感性で描いた本作。もう、それ以上なにを言うことがありましょうか!

こんなにリアルに少年少女たちの恋愛を描いた物語があったでしょうか。

「恋愛なんてファンタジーだ!幻想だ!」

と非リアの私などはついつい口を突いてしまうのですが、ここにあったのはまぎれもなく本物のラブストーリーだったと思うわけです。

こうしたシナリオを現代の若者たちのコミュニケーションツールとして欠かせない「ライン」を用いて語ってみせたこと。SNSとの相乗効果によって、ストーリーを正に生き生きと、それこそ「生もの」のように「今しかない!」という瞬間を捉えることが出来たのではないでしょうか。

素晴らしい。本当に名作!こういうドラマを私は見たかったのかも知れない。

それでは、栄えある若者たちの前途を祝して!


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : JustBecause!

2017/12/30 21:25 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking