FC2ブログ

「王様ゲーム The Animation」第12話 最終回

終怨

近年、稀にみる精霊会議!


罰を執行したあとに送られてくる一文字メール。それを集めて並べた結果、驚くべき事実があきらかとなった!

絶望する主人公。これを止めるには今ここにいるみんなが・・・する必要がある。

そして誰もいなくなった。

しかしこれで終わるわけではない。

新たな王様ゲームの始まりが切って落とされる。

<総評>

これはアニメガタリズで唯一取り上げられなかったネタですね。「3話切り」とか「野球をするアニメは名作」とかいい線行ってたんですが、これを忘れていた。

「精霊会議!」

死んだヤツ全員出てくるアレ。これこそが「クソアニメ」となる定義のひとつであることを!

思わず力強く言ってしまいましたが、私はこの王様ゲームに於いて久々に見事な「精霊会議」を見た気がします。

もっともそれ以前より、このアニメがそのォ・・・あの・・・ソレであったことは歴然とした事実であったわけですが(今さら伏せないでw

とにかく人がバンバン死ぬのですが、その全てがまるで「中学生が考えた悲惨な死に方ベストテン」みたいなものばかりで、脚や腕、首から何からチョンパ、チョンパと飛び散った絵面には、グロを通り越して笑いが起こるほどでございましたw

途中からギャグ作品として見ていた自分がいたのも事実。これはもう新感覚のコメディなのだと、次第に妙な快感さえ覚えて行ったものです。

そんな中で宮野さんの演技がひときわ光っておりました。悲惨な状況に終始叫びまくっていた、あの迫真の演技がなければこのアニメはただの、あのぉ・・・その・・・で終わっていたはず!(だから伏せないw

もうね、積極的な意味でこう言っていいと思います。

これはれっきとしたクソアニメだ!と(ついに言ったw

というわけで、ある意味おもしろかったという言葉だけ残して終わりたいと思います。


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : 王様ゲーム

2017/12/25 21:33 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking