FC2ブログ

「いぬやしき」第9話

【犬屋敷麻理】

こうなると予想はしていたけれども・・・


獅子神を捕えるため、彼をかくまう渡辺しおんの自宅へと潜入した警察特殊部隊。

「獅子神くん、逃げて!」

渡辺しおんの言葉に気付いたときには既に襲撃の的となっていた獅子神は、特殊部隊の後ろで血を流して倒れている渡辺しおんとその祖母の姿を見たのだった。

特殊部隊の容赦の無さ。民間人ですら有無を言わさず射殺してしまうその光景を前にしたら、これは獅子神でなくとも怒り心頭となるものがあります。もっとも警察としても未曾有の犯罪者を相手にするわけですから、そのプレッシャーたるや相当なものがあったでしょうが。

これで獅子神は警察に復讐することを誓いました。警察機構の無力化、彼はこれにまい進することになるのですが、恩人を殺されたことを思うと獅子神に同情してしまう自分がいるのも確か。

これまで得体の知れないだけだった獅子神に共感を得るなど皆無であったわけですが、ここで一気に彼に対して感情させてしまう展開を持って来たこと。獅子神がやっていることはテロとかそう言った重大な過失であると言えますが、警察に一泡吹かせてやれ!といつしか応援している自分に気付くのですね。

ただここで獅子神はひとりだけ「観察者」を作りました。ひとりの刑事だけあえて殺さず、警察の視点からこの事件を目撃させる人物を作り上げたこと。警察が抱く無念の想いを同時に描いたことで、獅子神が背負う業の深さを更に際立たせたと見ることも出来るでしょうか。

すごいな、これ!

獅子神がやっていることは今や彼ひとりの問題ではない。社会あるいは世界に対する脅威となって行っている感があります。

その一方で娘に正体がバレた犬屋敷さんのお話が展開。安堂と一緒のところを目撃され、不審に思った娘が尾行したのですね。

病院へ重病患者を救いに向かう犬屋敷さんと安堂。2人の関係について様々想いを巡らす娘・・・。これがもし「産婦人科」へ2人して入っていったとしたら勘違いされてしまったかも知れませんね。

「お父さん、妊娠しちゃったwてへぺろ」とか(こらこら~!

それはともかく。

空飛ぶお父さんを見たら、そりゃ血のつながった家族であれば「何かの夢」と思ったかも知れません。

そんな娘の進路について聞かされた犬屋敷さん。大学進学は諦めて漫画家を目指すという。これについてお母さんは反対しているようですが、父である犬屋敷さんは応援すると答えました。

普段は父を毛嫌いしている娘ですが、このときの反応ではなんかちょっと機嫌よくなって「進学も考えてみる」と変化を見せたのが印象的。

これは「あの」お父さんの姿を見たからでしょうか。それとも純粋に父としての包容力を感じたからでしょうか。でも何かしら頼もしいものを覚えた気がするのですが、いかがでしょうか。

さて、その犬屋敷さん。ニュースで獅子神の警察襲撃を見ました。ここにあったのは忸怩たる思いか、それとも獅子神の心情を忖度した気持ちか。

しかしいずれにせよ、自分なりの正義感に照らし合わせて「なんとかしなきゃ!」と思ったことは確かだと思うのです。

獅子神を倒す・・・ということではなく、やっぱり「彼も救ってあげなきゃ」意味がない気もする。

果たして犬屋敷さんはこれをどう解決しようと思ったのか、次週その行動に注目したいです!


@ムハンホウちぇっそ@


スポンサーサイト




タグ : いぬやしき

2017/12/09 12:40 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking