FC2ブログ

「キノの旅 ‐the Beautiful World‐ the Animated Series」第8話

【電波の

ルールルル~予感がするゥ


ティーを引き連れて旅をすることになったシズは、ある国へと辿り着いた。そこは治安も保たれ、経済も安定しているいっけん普通のよく出来た国であったのだが・・・

色んな国を旅しながら、安住の地を求めるシズとリク。そう言った意味ではこの国は打って付けのように見えたのですがね。ところがそうじゃなかったというお話。

この国にときどき起こる凶悪犯罪。これ自体はどこの国でも起こり得ることですが、これの原因として「悪い電波を受信してしまったから」とするところが、これどうなのかな?と思うわけでございます。

結局、この国の人たちは電波を言い訳にして凶悪犯への対応をおざなりにしていると言える。取り締まらないということはないでしょうが、犯罪が起こる原因究明、犯罪者への責任追及など、詰めが甘いというかそもそもする気がない。

果たしてこの国の人たちは全てを「性善説」で考えているのではないか。悪い人はいないということが前提なので人を疑うことをしない・・・わけでもありませんが(シズが疑われたしね)、その理由を全て「電波のせい」にしてしまうことに問題であるわけですね。

もっとも気持ちがわからんでもない。到底理解の及ばぬ凶悪犯罪に対しては「なんか受信しちゃったんだ」と言いたくもなる。実際、よく昔はそんな風に言っていた犯罪者もいたくらいですし。族に言う「電波さん」ってヤツで、村崎百郎辺りが泣いて喜ぶ因果な人たちであります。

そうしたサブカル的な要素すら孕んでいたのかいないのか。それはともかくとして、犯罪者を野放しに近い状態にする国なんてちょっとゴメン被りたいということで立ち去ったシズたちなのでした。

自分たちの置かれた状況を打破しようと、ティーが無謀な行動に出ましたが(笑)あれはティーなりのシズたちを守るための手段だったのでしょうね。つまりシズを慕っているという証し。

それは終盤のリクとのエピソードでも繰り返されたお話で、自分たちは「仲間」であるという意識。それはもう「家族」としての居場所を得たという気持ちがティーの中に芽生え始めていることを示していたと言えるでしょうか。

エキセントリックだけど、ティーはやっぱりかわいいなw


@ムハンホウちぇっそ@

スポンサーサイト




タグ : キノの旅

2017/11/25 08:23 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking