「プリンセス・プリンシパル」第2話

【case1 Dancy Conspiracy】
再会は2度ある

前回はサブタイが「case13」となっていたのですが、今回は「case1」になっている。仮にこの作品が1クールであると考えるなら、13話から遡って過去話をやる、あるいは時間軸をシャッフルして進行するということでしょうか。

ただまあシャッフルだと話が分かりづらくなるので、オリジナルアニメでそれを取り入れることはないような気がしますが。

また「case13」がこの作品の集大成だとも思えない。どのような意図があるかはまだなんとも言えませんが、今回の「case1」に関しては正に物語の始まりを示すお話であったと思います。

「プリンセスとの入れ替わり作戦」のためアンジェが編入してくるところからスタート。そこには先に同じスパイ養成学校を出たドロシーが潜伏しており、2人で協力してプリンセス入れ替わり作戦を決行することになります。

ただまあドロシーは既に二十歳なので、女子高校生をやるのは無理がある・・・いやいやそんなことはありませんよ!「そういう」需要は確かにある。なんかこう熟女が羞恥プレイをたしなむの図・・・とか(こら~まだ熟女じゃないしそういうえっちーのはキライですっ

とあるパーティ会場でプリンセスとの接触を図ろうとしたアンジェとドロシーですが、何故かプリンセスには彼女らがスパイであることが分かってしまったようです。

このような状況の中で飛び込みの依頼も舞い込み・・・

ノルマンディー公という、今後の物語にとって暗雲をもたす存在となりそうな人物登場で不穏な空気を持って事件は収束するに至ります。

アンジェたちがスパイであるとプリンセスが分かった理由。それはアンジェ自身が教えたからでした。その辺りの描写・・・きっとどこかにあったのでしょう。

それよりも、アンジェとプリンセスは既に旧知であったことの方が驚きと言いましょうか、だったら最初からそういう振る舞いがなかったのか。

再会を喜ぶ?アンジェとプリンセス。ただプリンセスには思惑があるようです。自分は王位継承の第4位であること。絶対に王位を継ぎたいと考えている彼女は、ある種の使命感に燃えているように見えます。そのために一芝居打ったということでしょうか。

アンジェにしてもプリンセスにしても、視聴者まで騙すなんて人が悪い未成年たちだ!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : プリンセス・プリンシパル

2017/07/17 21:50 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking