「Fate/Apocrypha」第2話

【聖女の出立】
オレは父を超える騎士になる!

今回は黒の陣営と赤の陣営の様子が示された回でした。ただやはり7機づつ、それが2団体。それが更にマスターとサーバントで倍付されるのですから、人数が多くて誰がだれやら把握しきれないところはあります。

ただ軍団としてまとまっている黒の陣営と、それぞれが単独で行動する赤の陣営という、両者の活動の違いが見られたこと。召喚されたサーバントの能力が互角だとするならば、やはりここは団体として統率されていた方が有利と見ますが、どちらに分があると言うのでしょうかね。

さてこの聖杯戦争を成立するために召喚された15人目のサーバントがいるという。それがルーラーであり、この物語の主人公となる模様。ただ今のところ、このルーラーの役目がよく分からない。監督役は赤の陣営にいる神父が兼任ということになりますが、やはりいざとなると自分の陣営に有利になるよう働きかけると思います。

つまりはこれを防ぐためにルーラーの存在があるということでしょうか。それを知っているからこそ、神父はさっそくこのルーラーの暗殺を仕向けることになります。

というわけで、今回でほぼキャラは出そろいましたかね。Fateのシリーズはシリアスな印象があるのですが、今回は外伝ということもあり、けっこうお茶目なキャラが多めな気がします。これまでの話よりは肩肘張らずに楽しめそうな感じですかね。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : Fate/Apocrypha

2017/07/09 22:02 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking