「異世界食堂」第1話

【「ビーフシチュー」「モーニング」】
白米は宇宙である!

とある食堂に集いし異形の者ども。

そこでは「ライス」についての議論が交わされていた。

「ライスにもっとも合うのは照り焼きだ」「いや、トンカツだ!」「何をいう!カレーライスこそ!」「たわけが!カツ丼こそ完成された芸術品・・・」

ヒーロー文庫刊。

「丼こそが宇宙!」と言ったのは食戟のソーマだったか。

人にはそれぞれ、白米に対する思いが募っていることと思います。

「白米は白くなくては!」とこだわるあまり、赤飯はおろか、カレールーが浸食するのも、牛丼のおつゆが浸るのも許せない!とする輩なども実在するこの社会(私の会社にいます。ほんとです


ただやはり白米は日本人にとって最大のソウルフードであることは間違いないでしょう。

そんな白米について議論を交わすのは異世界からの訪問者たちであったというお話。

ここは7日に一度、異世界との「扉」が繋がる食堂。

「洋食のねこや」で起こる物語。

果たして「異世界」とは、「胃」世界だったと言うことか!?

胃袋をつかまれたら負け。魅惑の味覚の虜となって、また7日後に同じ扉を叩くことになるのでしょう。

「胃食」(異色)ファンタジーの開店でございます!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 異世界食堂

2017/07/05 20:41 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking