「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」第12話 最終回

【見つけた居場所】
全力でぶっ飛ばして行こう!

レオス=クライトスとの決闘に現れなかったグレン。結果、システィーナはレオスのもとへ嫁ぐことになった。

結婚式当日、ついに二人が永遠の契りをかわそうとする瞬間だった。

「ちょっと待ったぁ!」

式場へと乱入して来たグレンはシスティーナをさらって逃走。

しかしこれは全てはジャティス=ロウファンが仕組んだ陰謀であった。グレンならきっとそうすると。

グレンたちが逃げた先には「天使の智慧」を投与され、操られる市民が。

これに立ち向かうグレン。そんな彼の姿に恐れをなすシスティーナ。

自分たちの先生はこんな人だったのか!?

兵士時代にもどったグレンはジャティスと対面する。

このままでは先生が別の世界へ行ってしまう!これを察知したシスティーナは再び戦場へと戻って来たのだった・・・


<総評>
なるほど。システィーナはある意味でグレンを「こっちの世界」に押しとどめておくための存在だったということですか!

というわけで、終了しました。ロクでなし。

グレンは「白犬」と呼んでいた盟友を失っているのですね。それがシスティーナと似ていた。だから彼女を「白猫」と呼んだ。なんか泣ける話ですねw

グレンとジャティスとの間にある因縁が何なのかは分からずじまいでしたが、お互いの様子を見ているとそれは根深そうなものがあります。

ジャティスが求めるという「禁忌教典(アカシックレコード)」とは何か。そして彼が遺した言葉「この世は邪悪な意志の元に創られたものだ」の意味が気になるところ。

しかしそれは今期で明かされることはありませんでした。

さまざま謎を残したまま閉幕となったのは残念ですが、なかなかに面白い作品で最後まで楽しませてもらいました。

ロクでなしにはロクでなしなりの理由があったのですねw

そんなわけで、次期があったらいいなぁ~という期待を込めて、これにて終了したいと思います。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ロクでなし魔術講師と禁忌教典

2017/06/21 16:54 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking