「夏目友人帳 陸」第11話 最終回

【大切なモノ】
ナツメグ・・・ですw

実力者であった箱崎氏が残した資料。それがが集められている書斎はどうやら術によって隠されている模様。見つける手立てが掴めないまま半日ほど過ぎた頃でしょうか。夏目はひとりの祓い屋の言葉に着目したのでした。

「これは新しい式か?」

その祓い屋が夏目を指してひとこと。

「そうなんです!ナツメグと言いますw」

咄嗟に答えた名取さん。その後、「ナツメグ」ネタでからかわれる夏目がw

「この家には生活感も思い入れのある品物も見つからない」

紅子から聞かされた「楓の木」の思い出。それは箱崎氏が娘の誕生日に植えたものでした。

「自分ならこれが見える部屋にいたいと思う」

夏目はそこに気が付いたのでした。これは彼ならでは視点と言いましょうか。人の立場になってものを考えることのできる子だから思いついた発想しょうねw

そしてそれらしき部屋を探し出し、そこで見つけたのは、恐らく箱崎氏の家族の写真。そこに映っていたのは家族だけではなく、氏が使っていた式まで捉えられていました。

それは2匹の竜でした。この写真に残されていた主の匂いに誘われて、書斎の入り口を守っていた竜が見つかりました。

「今ごろ何しに来た!?」

生前、箱崎氏はあやかしとどんちゃん騒ぎをして楽しんでいた。ところが家族からは見放され、時折玄関で物音がすると一目散に確かめに行ったのだそう。

恐らく心のどこかでは孤独を感じていたのでしょう。竜はその一部始終を見ていたのですね。

世間からは世捨て人のように呼ばれていた箱崎氏。しかしその実態は、あやかしも好きだけど、人のことはもっと大好きなそんな人物像であったかも知れません。

そんな折、裏の入り口が破られようとしていました。的場一門の仕業のようです。

「無理矢理こじあけるようなら、全て持って行く!」

竜は裏口に回り、もう1匹の竜と共に天へ帰って行きました。家はあやかしの炎に包まれている。

「全て燃えて尚、残っているものがあったらお前が持って行け」

最初に自分を見つけた夏目に対する竜の敬意でした。

燃えきらない紙屑が何枚か降って来ました。それを拾う、夏目や名取さんたち。いくつか使えるものもあったようでw

これで事態がひと段落したとき、夏目は名取に友人帳のことを話ました。

「大変だったね」

これに対して夏目は、そんなことないと答えました。だけどそれは今だから言えること。最初の頃、夏目は苦労ばかりしていたのですから。

だけどこうして今がある。友人が出来、祖母の思い出を語ってくれるあやかしたちとの出会いがあり。

たぶん、だから今は、そんなに悪くない。夏目の胸中にはこのような想いがあったかも知れません。

ただ名取さんが「そんなもの燃やしてしまえばいい」とつぶやきました。このときの気持ちはなんだったのでしょう。

危険だから?やはりそれは夏目に苦労を掛けるものだから?

友人帳について名取さんにはまだ気がかりなことがあるようです。

さて、箱崎氏の書斎を守っていた竜が言っていたこと。

「お前に似た男と会ったことがある」

夏目がそれは祖母のレイコではないか言ったところ、そうではないと否定されました。

これまでは全てがレイコに帰結していたわけですが、ここへ来て新たな証言を得たことで、夏目の家系についての謎が深まった感があります。


<総評>
と言ったところで夏目友人帳 陸が終了となります。今回は11話と短いクールでした。前期が途中総集編を挟んだので、今度は逆に最後で辻褄を合わせた感じでしょうか。

さて今回は夏目の友人たちにスポットが当たったりと、より広い範囲で夏目に対する見識が深まったとでも言いましょうか。

夏目と周囲との関わりが多角的に語られることによって、その関係性であったり、または親密さが理解できたように思います。

同時にこれは夏目の成長をも示しているわけで、ひとりで全てを抱え込んで来た彼が、仲間たちと共に生き助け合っている様子は、ある意味では視聴者である我々もひと安心と言った親心を覚えるものであった気がします(笑)

あとは夏目に対する名取さんの態度などがね。この2人は相思相愛ではあるのでしょうが(いやBL的な意味ではなくw)これまでは手の打ちを開けられないというジレンマがあったのは確か。

それが夏目が全てぶっちゃけたことで、恐らく夏目的にはすっきりしたでしょうが、名取さんとしてはモヤモヤが残る形になったような気がします。

夏目に対する扱いに今後名取さんが困惑する場面が出てくるかも知れませんね。

それはともかく。今期も良かったですね!的場一門の出番が少なく、ちょっと不気味でちょっと癒されるという夏目友人帳独特の感覚を存分に堪能することが出来ました。

そしていつも思うのですが作品の空気感が抜群ですね。夏目と愉快な仲間たちによるアットホームなコメディには(ぇ)毎度なごまされますw

そんなわけで、またいつか!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 夏目友人帳

2017/06/21 16:01 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking