「夏目友人帳 陸」第9話

【ながれゆくは】
なんか、流れて来た・・・!?

勉強会を兼ねた夏合宿のため、山腹の宿舎へとやって来た夏目たち。するとそこには小さな祠があった。

「四つ面塚」と呼ばれるそれには、不思議なことに三つの面しかない。ただ夏目には四つちゃんと見えるのだった。

「お面」というだけでちょっと不気味なものがあるのですが、いやぁ、これは・・・

夜、豪雨に見舞われたものの朝にはすっきり。窓の外を見るとそこには、夏目のバッグに忍んでついて来たニャンコ先生の姿が(笑)

しかも他の生徒たちにバレないように、ウリ・バージョンだなんて!ニャンコ先生、新しくてカワイイw

そんなニャンコ先生曰く、この辺りに酒の湧く泉があるのだそうな。と思って川上に目をやった夏目は、そこで小舟に乗って降りてくる何者かを見ました。

それは水面に顔を付けたまま上げようとしない。長い髪が川の流れに漂って・・・怖い怖い怖い!

思わずニャンコ先生も「見るな!」と夏目を押し倒したくらい。これぜったいヤバいヤツでしょ?と思いました。

そこから始まる怪奇現象がまた怖い。

不気味な面が先生や生徒に取り憑いて回るわ、黒い水・・・夏目にはそれが「川」に感じられるそうで、その川がどんどん宿舎を浸食して行くビジョンを見ることになるのです。

ただこの怪異によって何か事件や事故が起こるわけではない。水に顏を付けたままの女、そして次々と人に乗り移ってゆく面はいったいなんなのか?

この辺りで神主をしているという人物に偶然出会った夏目。そこで四つ面塚の伝承を聞くことになりました。

人間と恋に落ちた山神が、その人と生き別れたのち山にこもった。それを守るため4人の従者がふもとへ残った。

しかし彼らは次第に力を失い、自分の痕跡を残すため面を置いていった。それが三つ。

四人目はまだ存在しており、未だに山神を守ろうとしているのだという。

そう。それがあの取り憑く面であり、川へ顏を付けて何か探している様子の女こそ山神であったというお話。

先の豪雨で人間からもらったかんざしを失くした山神が川をずっと探していたのでした。

夏目がそれを見つけてあげました。

合宿が終わって帰るとき、祠に挨拶しに行った夏目。

「お元気で」

山神のためにひとり残った従者への労いとも取れるこの言葉。夏目のこの一言が無性に泣けて仕方がありませんでした。

結果的には人情話で終わったものの、ビジュアル的には最高に怖いエピソードでしたw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 夏目友人帳

2017/06/07 21:31 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking