「エロマンガ先生」第9話

【妹と妖精の島】
ツンデレの真髄を見た!

小説の取材を兼ねて、エルフ先生の別荘で執筆合宿が行われることになりました!

参加メンバーには正宗はもちろんのこと、ムラマサ先生と獅童国光(しどうくにみつ)も同行しております。

エロマンガ先生は相変わらず在宅なのですが、ちゃっかりとムラマサ先生に参加条件を飲んでもらってます。

合宿に参加したら「正宗先生の小説を読んでよし!」「代わりにエロい水着を着てください!」というもの(だよね?

普段は和服でガードが固い(いやこれはこれで色気があるのだがw)ムラマサ先生のこと、当然嫌がるわけですが、どうしても正宗の小説が読みたい彼女はがんばってしまうのですよね。

さすがは紗霧さん。ドSと言うか、ドエロですな(笑)私が提唱する「紗霧最強」はここでもしっかり証明できたと言えます!(なんの宣言だ?

さてこの合宿にはお目付け役としてエルフ先生の担当編集であり、実の兄でもある山田クリス氏が付き添っております。

妹と仲良くしている正宗を見てお兄さんは何か思うところがあったようです。

「結婚してくれ!」

混浴・・・もとい。男同士で(いやだってクリスさんパツキンロングでセクシーだから)露天風呂に入りながら急に告白されて正宗も戸惑ってしまいました。

だけどご安心ください!「妹と」結婚してくれという意味だったようですw

それを聞いて私も安心しました。なぜならクリスお兄さんは私が頂くからですっ(そこでカミングアウトしない

才能はあるが人として欠点だらけ。でもそれも含めて魅力的である。

正宗自身もそう思っていたようですが、ここは丁重にお断りさせてもらったようです。彼にはもう心に決めた人がいるんですからねw

ところがその日の夜、森へと呼び出された正宗はエルフ先生から意外な言葉を聞くのでした。

自分の両親のことを話すエルフ先生。そこには色んな想いが込められていました。

娘の将来を思って色んな習い事をさせた母。厳しかったが今では感謝している。

そして父が母を口説くまで5年も賭けたこと。父は最初、この森で告白したのですね。

そこは蛍が飛び交う幻想的な場所。だけどそれは失敗してしまった。お母さんは虫が嫌いだったのだw

父と母にとって大事な場所であり、エルフ先生の処女作はこの風景を見てインスピレーションを受けたという意味では、彼女にとっても思い入れがある場所だとも言えましょう。

「あなたは私のお婿さん候補よ!」

突然何を言い出すかと思えば、もうこれ完全なプロポーズじゃないですか(笑)

「結婚相手は自分で決める」

それは母でも兄クリスが段取りするものではなく、あくまで自分の意志で将来を誓い合う相手を探すということ。

エルフ先生にここまで言わせてしまう正宗。彼女の心はもう決まっている気がするのですが(笑)

ほんとにもう、なんだこのカワイイのは!

紗霧がいなかったら、さすがの正宗でも惚れてしまうんでないかなw

え?私ですか?私はほら、クリスお兄さんもいるし、なんなら獅童きゅんでもぜんぜんイケますからぁ!(聞いてない


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/06/04 09:44 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking