「ID-0」第7話

【生存宙域OVERSTEPPING】
見捨てるか。見捨てないか

移動天体に取り込まれてしまったイド。そしてマヤとアリス。3人の救出作戦が決行されるが、マヤの生命維持装置は持って2時間。果たして間に合うのか!?

イドたちは移動天体の中でかつての有人探査船を発見しました。イドたちと同じく移動天体に取り込まれてしまった経緯、その記録が残されているかも知れないとマヤに潜入調査を行わせることに。

ところがそこで発見されたのは宇宙飛行士の死体だったという。正に暗闇にドッキリ!

と、そんな冗談を言っている場合ではなく・・・なんとかブラックボックス的なものを回収したマヤさんです。

ここでいくつかのキーワードが出て来ました。ひとつは「ラジーブ」どうやらこれが移動天体を指すようです。これが何故ストゥルティー号を負って来たのか。イドの推測によればそのものずばり「オリハルトを狙って」のことになると。この昔の探査船が取り込まれたのもそれが理由であったことは音声記録の内容から察せられる。

「オリハルトの危険性」人類は予めこれを知っていた、あるいは予測していた。にも関わらず宇宙進出のためにこれの採掘を進めて来た。そのリスクをひた隠しにして!

そしてイドが知ったもうひとつのキーワードは人名でした。「ドクター有栖川」以前にマインドトランスシステムの研究発表で講演した人物がケイン有栖川でありました。だからそれが彼を指すのは間違いないでしょう。

講演の中で宇宙進出を説く有栖川はこれの実現のためにオリハルトを用いることを提案していたように記憶しています。オリハルトを研究し、その性質を調査する中でリスクの発見もあったはず。同時に「ラジーブ」の存在をも感知していたとしたら。

このドクター有栖川という人物こそが諸悪の根源でありましょうか。そしてこれらを結ぶ構図の中にはアリスをさらったオブザーバーやイドも含まれていることが予想される。つまりこれらには全て接点があり、それが現在の状況に繋がっているということ。

因果応報とでも言いましょうか。ここへ来てようやく大きな事件の全容が見えて来た気がしました。果たしてイドは一体その過去にどんなことをしでかしたと言うのでしょう。なんか怖い気もするけど、それを知ることでイドの潔白を証明できる!?かも知れないw

さて、生命維持装置が完全に切れてしまったマヤを救ったのは・・・?なんとアリスちゃんでした。彼女は全身を保護膜みたいので覆うことが出来るので宇宙空間でもへっちゃらなのだ!(まあ環境によっては難しくなるのだけど。今回みたいに閉じ込められたりとかね!

その保護膜にマヤの顏が埋まるようにして守ってあげたんだねwアリスちゃん、グッジョブ!

イドを助けるため移動天体に攻撃を仕掛けるリック。マヤが無事に助かる可能性を捨てないイド。誰も仲間を見捨てたりしないのだ!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ID-0

2017/05/22 23:16 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking