「弱虫ペダル NEW GENERATION」第19話

【怪道銅橋】
抑えられない感情。それは力!

先頭集団に追いついた総北の鏑木と青八木。するとヤツはそこにいた!

「あいつはオレよりも変態!」

泉田にそう言わしめるのは箱学のスプリンター銅橋である。

「ヤツがジャージのチャックを壊したとき真の力が発揮される!」

むき出しになった肉体。むき出しの感情。むき出せ!むき出し!ムキムキ!アブー!!!(ぇ

泉田と銅橋の師弟関係が非常に興味深かったですね。暴れん坊で手の付けられなかった銅橋。才能はあるのだけれど気に入らないことがあるとすぐ暴力に訴えてしまう。

だから退部を余儀なくされるのだけれど、何故かまた入部し直してくるという繰り返し(笑)

ああ、その手があったのね。要するに戦略的撤退?(ちょっと違うと思うw

そんな銅橋の進退を任せられることになった泉田は、彼に「力を解放しろ」と促すのですね。

泉田としては銅橋のスプリンターとしての素質に着目していたのでしょう。しかし繰り返される入退部の中で銅橋は次第におとなしくなっていった。さすがにこのままでは自転車部にいられなくと恐怖したのでしょう。

しかしそれが銅橋の持ち味を殺していたことを泉田は見抜いていた。最強のチームを目指すため泉田は人間性よりも「野性」を重視したと言えます。

これで息を吹き返した銅橋が本能をむき出しにする。

さながら泉田の狂気が銅橋の狂喜を呼び起こしたと言ったところでしょうか!

だけどなんかこの2人が合わさったときのエキセントリックさは常軌を逸している気がします。

銅橋を引く泉田の様子がどこか「きゃー!後ろからすっごいのキテるぅw!」みたいに見えるし、筋トレしている2人が「アブアブ!」「ブアブア!」と人間じゃない言葉で会話してたり。

しまいには提供カットでケンカの仲裁に入ったチームメイトが銅橋を後ろから羽交い絞めにして腰を「カクカク」。まるでアレの最中に見えるとか・・・こら~スタッフやり過ぎだ~コラ~

逃げた青八木を「獲物」に例えて気持ちを高ぶらせる銅橋が、いよいよその「野生」を解放させるのでしょうか!?

とは言え、そんな銅橋になんなく追いついたのが鏑木なのですよね。彼はもちろん、未だ自分のスプリンターとしての才能に気付いていない(笑)

「オレ、今まで上ハンドルしか握ってなかったんですよ!今度は下ハンで本気出します!禁じ手とか作るの、カッコイイじゃないですか!」

この無意味にカッコつけたがるところがスプリンターとしての才能だってのに!w

でもまあ、とりあえず心配なのは先を行く青八木が銅橋に食べられちゃわないかってこと。いやマジでありそうだから!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 弱虫ペダル

2017/05/16 22:59 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking