「夏目友人帳 陸」第5話

【縛られしもの】
誰がために

祓い屋としてタクマがまだ見えていた頃、使役していた「式」は3体いた。そのうちの1体は家の中にいて家族を守ろうとしている。残り2体が家に入れず魔障を起こしていたのだった。

タクマの娘である月子さんがでたらめに張った護符。これによって2体が締め出されてしまった。

これで彼らはタクマに裏切られたと思ってしまったのでした。あれほど慕っていたのに・・・

ところが真相は違っていたようです。中にいた1体、彼女の話によれば他の2体にも事情があると言います。

その1体によれば、夏目ほどの力があればタクマの代わりに解放の儀が行えるという。

タクマが立ち会う中、それは行われました。久々の再会にタクマに詰め寄る2体の式。

「呪詛が完成すればこの家に災いが訪れる。それはタクマですら払えないほどの!」

やはり彼らはタクマを恨んでいたのでしょうか。

「だから俺たちが払ってやる。また役に立ちたいんだ、タクマ!」

……。

もう涙ちょちょぎれです。

そう。締め出された式たちはもう一度タクマに振り向いてもらうためにやっていたのです。

相棒として働き。そして愛されていたタクマ。彼から能力が消えたいまも、式たちはタクマを慕っていたのですね。

祓い屋と式の関係。それがみなタクマたちのようにはいかないのかも知れない。能力を失った途端、恨まれてしまうこともあるのでしょう。

だけど良好な想いが続くこともある。それはどこか家族のような、あるいは恋人同士のようなもののように思います。

可愛さあまって憎さ100倍とはよく言ったもの。

だけど別れた後も「友達」としてやっていくカップルだってある。これはそんなお話だったのかも知れませんねw

さて、今回のことで名取さんが夏目の持つ「友人帳」のことに気付いた可能性があります。

「夏目のような優しい子が持ってちゃいけないもののような気がする」

夏目を心配しつつ、不敵な笑みを浮かべる名取さんが怖かったですw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 夏目友人帳

2017/05/10 22:05 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking