「ID-0」第5話

【結晶幼女OFE WITH FREE WILL】
オリハルトが見せた夢

「惑星」の追跡を逃れ、通常空間まで航行中を続けるストゥルティー号。しかしその行く手に観測が難しい星間ダストが出現した。最短距離を取るためこれに突入すると、彼らを追って来た「惑星」は意外な形で姿を現した!

今回はイドの過去を探るお話が展開。あの謎の少女が現れたオリハルト鉱脈の掘削中にイドとマヤが見た同じビジョン。あれがイドの過去の記憶らしいのです。

エバートランサーとなる以前、イドは囚人の収容船に捕らえられていたらしい。その時点でイドは精神だけの存在になっていたようですが、恐らくは安全のために肉体を別に保管されていたのかも知れません。

ただその後、なんらかの理由によって漂流中のIマシーンに移動し、いくつか機体を変えながら現在に至るということのようです。エスカベイト社の社員はみなその話を知っているのでしょうね。それが今回、イド本人からマヤとアマンザさんにも話されたという次第。

イドの正体がなんなのか。ここには何らかの犯罪の匂いがします。凶悪犯として収監され、本来なら永遠に出てくることがなかったかも知れない。しかし逆に、濡れ衣を着せられて捕らえられてしまったとか。

あるいは、イドこそが犯人を追う立場の人間で、ある事件の捜査中に何者かの陰謀にはめられてしまった。そこでイドは身を隠すためエバートランサーとなるように自ら仕組んだ・・・などと言ったことが考えられるでしょうか。

肉体を捨て記憶も消して、生き延びるために。

ただイドの性格を見ているとそんなに達観した人物には思えないのですよね。まだあきらめていない。記憶が戻ることを期待して、反撃のチャンスを待つために危険な方法を取ったとも考えられるかと。

そのキーとなるのが「オリハルト掘削」という任務。オリハルトに何か自分の記憶を取り戻す鍵を仕込んでおいたとしたら・・・

星間ダストに入ったストゥルティー号は「惑星」の意外な猛追に遭います。それは微粒子となって船内にもぐりこんだのですね。惑星は一部だけをミゲルジャンプさせて来たのです。そしてその目的はあの少女を捕まえるため。

ここで少し訂正を入れます。私は少女があの謎の隕石群を発生させたと思っていたようでしたがこれは勘違いでした。惑星が少女を追って発生させたものだったようですね。

なんとか少女を助けることが出来たイドですが、そこで少しだけ記憶が戻るのですね。その少女の名が「アリス」であるとイドは知っていたのです。

イドとアリスの関係。それは幼い頃の記憶で幼なじみであるかも知れないし、あるいは自分の娘という可能性もあるでしょう。家族を守るため、あるいは復讐のために永遠の命を得ようとした・・・のだとしたら、イドにはもう親しい身内はいないことになるでしょうが。

とこで何もオリハルトに執着するのはイドだけではない。地上にいたあのマスクの男と老人もまたオリハルトにこだわりを見せている。オリハルトを起点として、この辺りに何か関係性が見えてきたような気がします。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ID-0

2017/05/09 20:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking