「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」第5話

【女王と王女】
ロクでなし教師、ロクでなしを語る

魔術競技会はお昼を向かえ、みんなお弁当を食べるのです。

だけど金欠でロクでなしの先生はお金がないからお弁当がないのです!

そんな折、システィーナのご機嫌をそこねてしまったロクでなし先生。しかし実は彼女は先生の分のお弁当まで用意していたのですね。

それを後からロクでなし先生のところへ持って来たルミア。システィーナが捨てようとしたところを回収して来たのだという。

「うめぇ!せっかく女の子が作ってくれたってのに、ケンカしたヤロウはロクでもねぇヤツだな」

いやいや。それあんたのことだよ!正に語るに落ちたロクでなし先生でございましたw

とそこへ、高見席から降りて来た女王がルミアに会いに来ました。だけどルミアはその場から逃げてしまった・・・

自分を捨てた王女。ルミアにはそれが許せなかったのと、かつてのように非情な対応をされるのが怖かったのです。

どうやらルミアは能力者として生まれたことで疎まれたようです。王家にとって能力者は忌み嫌われる存在。それをひた隠しにするためにルミアは事実上、抹消されたと。

とここへ来て、今度はルミアを本当に抹殺しようとする連中が現れました。それは王室親衛隊でありました。

王女を拘束。その上で実の娘であるルミアの暗殺へ向かおうとする王室親衛隊の思惑とは。

ただこれ、クーデターであるようには思えないところがある。王室親衛隊は本当の意味で王女に忠義を誓う者たちでなのですから。

もしかしたら次期王を争う権力闘争にただならぬ事態が起こったとでも?そのためにマイナスになる要素をことごとく排除しようとしているのかも知れません。

いま動けるのはグレンだけという状況で、かつての盟友と再会したロクでなし先生。しかしそれは歓迎されるものではなかったようで・・・


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ロクでなし魔術講師と禁忌教典

2017/05/03 06:55 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking