「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」第3話

【愚者と死神】
っくしょー!熱いじゃねぇか・・・!

学園を襲ったのは秘密結社「天の智慧研究会」であった。

生徒たちは人質に取られた。これを奪還するためグレン=レーダスは孤軍奮闘す・・・

否!彼はひとりじゃない!

グレンがほのめかした作戦をシスティーナがきちんと察してくれたのですね。だから手ごわい相手を倒すことが出来た。

そしてルミアともまた・・・グレンの想いに応えた彼女が自ら突破口を切り開いた。

文字通り「戦闘力」では凄まじいものを持っているグレンですが、魔導士としては三流。グレンが出来ることはたかが知れていると言えます。

しかし!

グレンの教えを自分の糧としたシスティーナ然り、グレンの心意気に応えたルミアの気持ち然り。グレンの存在が彼女らの成長を促している辺りに大変感銘を受けました!

「正義の魔導士になりたかった」

元兵士で、度重なる戦闘の中でこの世の不条理を知ったグレンの本質はここにあると言えるでしょう。始めから諦めて達観する性格なら挫折などしないと思うのです・・・

クソ!かっこいいじゃねぇか!

1話からこの3話までの流れ。まったくもって素晴らしいと言わざるを得ない!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ロクでなし魔術講師と禁忌教典

2017/04/19 21:53 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking