「アリスと蔵六」第3話

【トランプ】
狂気の女

内閣情報室の職員である内藤竜の監察下に置かれることになった紗名ちゃん。ただし実際に彼女を保護するのは蔵六じいさんにお願いを(笑)

紗名ちゃんには家族が必要なのだ!とは内藤の言ですが、いきなりこんな孫みたいな歳の子を世話することになるなんて、そりゃ蔵六じいさんでなくても戸惑いますわな。

そんな紗名ちゃんを研究所の連中が連れ去って行きました。実際に手を下したのはミニーCこと、タチバナという女であります。第一話で紗名を追って来たあの不気味な術を使う人ですね。

タチバナは海兵隊出身であり、夫とはそこで知り合った。しかし任務の最中に夫はなくなり、それ以来タチバナは不眠症を患い除隊寸前まで追い込まれてしまった。そのときなのでしょうかね。彼女が不思議な能力に目覚めたのは。

それは「トランプ」と呼ばれるもので、いわばジョジョで言うところの「スタンド」みたいなものに当たるでしょうか。普通はこれをひとりが一体出せるでそうで、タチバナの場合は亡き夫がトランプとして出現した模様。ただし「腕」だけなのですが。

最初、紗名を捕えようとしていた巨大な腕。どこから生えているのか、まるで空中から突如ニョキッっと現れていたアレですね。夫の腕だったとは。ちょっと怖いですね。

もともとは「アリス」と名付けられ、その強大な能力から「赤の女王」と呼称されていた紗名。彼女は想像の許す限りなんでも作り出すことが出来、ひとり一体しか出せないはずのトランプを無尽蔵に生み出すことが出来たのですね。

「アリスの能力があれば」

これを利用しない手はない。タチバナとしてはぜひとも叶えたい願いがありました。「夫に会いたい」と。その為にはいかなる手段をも辞さない構え。

タチバナが見せる言動からはどこか狂気を感じさせるものがあります。そしてそれを演じる能登さんの迫力と言ったら・・・。この手のキャラをやらせたらほんと、能登さんはすごいなと思います(笑)


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : アリスと蔵六

2017/04/17 21:20 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking