Keyはkeyでも気ぃ違い!?Оргия Праведников!

Оргия Праведников - Офис


さてここで問題です。このバンドの何が間違っているでしょうか?答えは簡単。「キーボード」が”キーボード”になっちゃってますね。

ちなみに曲名は「オフィス」。何か仕事で嫌なことがあったのでしょうか。最後にはお約束の「キーボード壊し」も披露してますぅい!

こちらОргия Праведников(オルジーヤ・プラベェドニコフ)と言うグループ。演奏のテンションが物凄く高いのがお分かりでしょう。特にテンションの高いのがこのバンドのリーダーである、Сергей Калугин(セルゲイ・カルーギン)氏であります。

ロシアン・フォークの嚆矢(恐らくね)であり、哲学者のような厳格さで至高の音楽を奏でる凄まじい音楽家でありました。しかし何を思ったか、「ロック」に目覚めてからの躍進がこれまた凄ったのです。

とにかく熱い!異常な殺気を放っているとしか言いようがありません。ある意味で「とんだ勘違い」を超越し、恐ろしく過激な音楽を生み出している仙人のような御方であると言えましょう。

ある意味、デスメタルよか凄いっす!

と言うわけで、一番下にもうひとつ動画を上げました。この落差をご覧ください。かつてのカルーギン氏の姿です。

ぜ、全然イメージ違うじゃん!?

クラシックに裏打ちされたギターのテクニックが半端じゃないのがお分かり頂けるでしょう。それがいまや、どうしてこんなんなっちゃったのか!?

いやこれは決して嘆いているのではなく、賞賛と尊敬の念に打ちひしがれる気持ちを表しているのです。

先刻にご紹介した、ロシアン・クラウト・ロック(ロシアン・ジャーマン・ロックって意味。なんだろねこれ。自分で言っておきながら)の嚆矢であらせられる、ピヨートル・マモノフ尊師と同じく、私が現代で最も崇拝しているミュージシャンの一人であらせられます!

思い込んだら試練の道を、行くが男のど根性!

Сергей Калугин - Гимн


@ちぇっそ@
スポンサーサイト

タグ : Праведников С・Калугин

2009/06/18 20:53 | ロシアン・メタルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking