「クロックワーク・プラネット」第1話

【運命の歯車】
少女は空から降ってくるもの。それではオートマタは?

飛行機の貨物室から落ちてくるもののようですw

講談社ラノベ文庫が原作。

すでに滅んだ地球を歯車で再構築。しかしいずれそれも限界を向かえるという世界で、再び滅びの道を歩もうとしている人類の姿を描く・・・

世界を救おうとしている組織がある。これに対して世界を滅ぼそうとしているカルト集団のようなものがあるという構図でしょうか。

なかなかシリアスなSF設定が興味をそそります。

時計技師を目指す少年のもとへ、精巧に出来た少女型のオートマタが降ってきたところから物語はスタートを切ります。

これを修理したことで少年はオートマタの主人として認識されることになったようです。

このオートマタがドSで・・・主人を「虫けら」と呼ぶその態度はw

というわけで、ドS少女とショタの組合せもなかなかそそる設定ですね!(それただあんたの趣味じゃw

歯車によって地球を再生させた伝説の技師「Y」。「音」で故障箇所を聞き分ける少年。

果たして少年は現代の「Y」となれるのか?それともやはり虫けら以上になれないのか(笑)

歯車と近未来というレトロ&フューチャーの組合せ。スチームパンク的な世界観も魅力的。

キャラクターもかわいいのでなかなか期待の持てそうな作品ですね。

サービスカット的な「尺八」の描写もなかなか・・・え?どういう意味だ、ですって?

いえいえ。私はただ指をくわえて見ているだけですよ?w


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : クロックワーク・プラネット

2017/04/08 12:18 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking