「小林さんちのメイドラゴン」第13話 最終回

【終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)】
ドラゴンであるということ

なんたる最終回・・・

こういう展開が来ることは想像しておりましたが、突き付けられた現実の過酷さは並の作品の比ではないと。

終焉帝。それはトールのお父さんでした。

恐らくはトールの何倍も生きているであろう終焉帝がトールに言う。「この世界にいてはお前が傷つくと」。

それはドラゴンとしての意志がいつか暴走し、この世界を滅ぼすやも知れぬこと。大好きなこの世界を自分が壊したとしたら。

あるいは人とドラゴンの生きる時間の違いを指摘し、共に生きられぬと知ったときお前が傷つくのだと言った、両方の意味が込めら
れていたと思うのです。

父の言ったことは正に正論であり、だからこそ再び終焉帝がトールを迎えに来たとき、思わず一歩父の方へ踏み出してしまったのは、トールが自らの宿命を暗に認めていたことの証しであったともいえるでしょう。

トールにそれらの自覚があったことは、時折葛藤を見せていたことで明らか。それでも小林さんと一緒にいたいという気持ちは確かである。それはトールの本心であり、本気の想いであったと思うのです。

だから小林さんが引き留めてくれたとき、自分はここに居て良いんだと確信できたのでしょうね。父と戦ってまでわがままを通そうとした。親に歯向かうなんて、初めてのことでしたのに・・・

トールと一緒にいたいという気持ちは小林さんも同じ。だから終焉帝の威嚇にも臆せず、あのような口上を立てることが出来たのだと思います。

あの状況であったら、逆に男性の方がビビッて口をきけなくなる気がします(笑)小林さんが女性だったから・・・決して偏見ではありませんよ?やっぱ女は強いなと思った瞬間でありましたw

また一緒にいられることになったトール。

「一緒にウチの実家へ行こう」

そう小林さんが誘ってくれたのは、あんなことがあって小林さんも親に会いたくなったからかも知れないし、「親って悪くないもんだよ」とトールに思い出してもらうためであったかも知れませんねw

そう。終焉帝も娘のことを思ってしたこと。子供が心配な親はいませんって、たぶんw

冒頭、リコちゃんが教えてくれた「ナズナ」の花言葉。

「あなたに私の全てを捧げます」

父を説得してくれた小林さんに「私の全部を上げます」と言ったトールさん。

最初と最後で韻を踏むような演出が憎いですねw


<総評>
これはもうなんというか、数ある京アニ作品の中でも名作と言えるものであったと思います。

何が良かったかと一言で言い表すなら、文字通り「異種間コミュニケーション」でしょうw

これまでもそう言った作品は数多く見られたわけですが、そのほとんどは主人公と異世界の住人という一系列だけだったと思います。しかし今回描かれていたのは複数からなる異種間コミュニケーションの有り様でした。

小林さんとトールしかり(ここが一番正統かw)、滝谷とファフニールさんはオタク繋がり、翔太きゅんとルコアさんはお姉ショタ繋がり(笑)そしてカンナちゃんとリコちゃんは・・・これはリコちゃんの一方的な愛になっちゃうかなw

こうしたバリエーションがひとつの作品の中で見られたことは個人的には大きな収穫だったと思います。コミュニケーションひとつとっても画一的なものなどなく、様々な形があると言うこと。それが良いコントラストになっていた気がするのです。

その中のどれが正しいかではなく、どれもいいなあと思えたこと。形は違うし、それぞれ感じ方や思いなんかも違う。

これらの組合せ、もし相性が悪かったら悲惨な結果を生んでいたかも知れない。それくらい微妙なものであったかも知れませんが、この作品においてはそれぞれが奇跡的に噛み合っていたのですね。

互いの違いを理解し、それを分かろうとする気持ち。そこに生まれるのがコミュニケーションである。それはお互いに関心を持っていなければできないことです。

そう考えると、相手のことがちょっとでも気になったら、その時点ですでにコミュニケーションが始まっているのかも知れませんねw

まあそれを言ったら人間などにまったく興味を持てないワタクシの方が、人間よりドラゴンよりよっぽど「異種」だと言えますがねっ!あぁ!この世を殲滅したいっ(非リアが強がりいってるだけ

京アニらしい繊細な表現は作品の情緒を更に感慨深いものにさせてくれました。トールがいなくなったと知ったときの小林さんのリアクションとか・・・あれだけでもうウルって来ましたw

そしてなにより!カンナちゃんの太ももは神です!(それ問題発言っ

リコちゃんの顔芸も楽しませてもらいましたw

どこを切っても楽しいメイドラゴン。またアニメの世界へ還って来てくれることを期待しますw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 小林さんちのメイドラゴン

2017/04/06 23:40 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking